スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CERNLIB on Mac OSX Mountain Lion 

Moutain LionにCERNLIBを導入した時のメモ。
全面的にこのページの内容に基づいている。感謝。

まず、aptというDebian系のパッケージ管理ソフトを使うので、このリンク先のdmgファイルをダウンロードして、いろいろ警告が出るけど気にせず(ただし自己責任)インストール。完了時に一度ログアウトさせられる。終わったら

/usr/osxws

というディレクトリが作られている。

つぎにsu(sudoではなく)をアクティベート。
アップルのこのページに従ってやればよいのだが、要は
・システム環境設定→ユーザとグループ
・ログインオプション→(右下)編集もしくは接続をクリック
・ディレクトリユーティリティ→編集メニュー→ルートユーザを有効にする
以上でOK.

$su
$/usr/osxws/bin/apt-get update
$/usr/osxws/bin/apt-get install OSX-base
$/usr/osxws/bin/apt-get clean

これで準備完了。いよいよCERNLIBのインストール

$/usr/osxws/bin/apt-get install cernlib
$/usr/osxws/bin/apt-get install cernlib-nypathcy
$ln -s 2006 /cern/pro (必要なら)

以上。
[ 2013/03/21 10:51 ] Mac OSX | TB(0) | CM(0)

韓国のグローバル人材育成力 超競争社会の真実 



文科省の官僚さんで、初の在韓日本大使館の科学技術担当一等書記官として赴任された著者によるレポート。データがちゃんと引用されているところが◯。終盤に紹介されていた、マイスター高校(だったか?)の試みが面白かった。大学進学率があまりにも高くなり、求人市場の実態と高学歴ホルダーの希望職種との間のミスマッチが顕著になってきた事から、製造業現場で要求される専門技能を備えた人材を育成してスムースに就職させようとの考えから出された取り組みのようだが、まだ始まったばかりで今後に注目。
[ 2013/03/21 00:40 ] | TB(0) | CM(0)

FF on MacOSX mountain lion 

FFをMac OSX 10.8 Mountain LionにインストールするときのTips

インストール自体はこのページの手順に従ってやればよい。

ただし、そのまま数値計算プログラムをコンパイルすると

ld: warning: -macosx_version_min not specificed, assuming 10.7
ld: warning: PIE disabled. Absolute addressing (perhaps -mdynamic-no-pic) not allowed in code signed PIE, but used in __start from /usr/lib/crt1.o. To fix this warning, don't compile with -mdynamic-no-pic or link with -Wl,-no_pie

という警告が出る。これを取るには、.bashrcファイルに次の一行を追加すれば良い:

MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.4

(参考ページ)

(追記 130704)
FFをそのまま使うだけなら、libff.aを/usr/local/libにおけばよい。
[ 2013/03/19 18:49 ] Mac OSX | TB(0) | CM(0)

Emacsのfortran mode 

◯カーソルのある行をコメントアウト
"ctrl c" + ";"

◯コメントアウトを外す
"Esc 1 ctrl c + ;"  (数字は何でもよい)
[ 2013/03/18 18:47 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

若き数学者のアメリカ 

若き数学者のアメリカ (新潮文庫)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 7,512

「国家の品格」で有名な、元同僚(というにはおこがましいが)の若いころの著作です。
数学のポスドクとして70年代に渡米した著者が、アメリカ(ハワイ)上陸のそのときから、ミシガン大学ポスドク→コロラド大学助教授としてのキャリアを築き、任期を全うしてアメリカを発つまでに過ごした日々について記されている。

元同僚とはいえ、直接言葉を交わす機会などまったくなかったのだが、そのときの印象とは全く異なる、軽妙かつ深淵な文章は、とても数学者のエッセイとは思えない(というと叱られそうだが)。しかも藤原先生、学生たちに触発されてス◯リーキングまでやってしまうとは(笑)

ジョークも交えた話が続くが、最終章は極めて真摯に、著者のアメリカ観について渡米時から米国を発つまでに何を知り、どのように見方が変わったのか、が述べられている。

かなりオススメです。


[ 2013/02/28 00:25 ] | TB(0) | CM(1)

Xquartzでターミナルのキーバインドを英語→日本語に変更 

MacBookAirのXquartzを最新版にしたら、xtermのキーバインドが英語版になってしまった。
日本語キー配列をXmodmapに書き込み、
.xsession
内に
xmodmap .Xmodmap
と一行書き込んで対応。

それぞれのマシンで設定を共有できるように、.xsessionと.XmodmapをDropboxにおいて、2つのファイルをローカルにシンボリックリンク。
[ 2013/02/20 19:02 ] Mac OSX | TB(0) | CM(0)

iPhoneで撮影した画像(動画)をMacに移す:iExplorer 

わざわざiTunesやiPhotoを立ち上げるまでもなく、これを利用しましょう。

http://www.macroplant.com/iexplorer/
[ 2012/06/23 23:27 ] Mac OSX | TB(1) | CM(2)

MadGraph5で粒子の全崩壊幅を求める 

例として標準模型のZボソンの場合を扱ってみる。

%./bin/mg5
%import model sm
%generate z > u u~
%add process z > d d~
%以下、c c~, s s~, b b~, l+ l-, ta+ ta-, vl vl~, vt vt~
%output
%launch

とすると以下の画像のようにZ粒子の崩壊幅、約2.4GeVが得られる。
スクリーンショット 2012-05-29 17.58.01
[ 2012/05/29 18:02 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

Google日本語入力の辞書を複数のマシンで共有【Dropbox】 

職場と自宅のMacでGoogle日本語入力の辞書を共有したい場合、Dropboxを利用してそれができることがわかった。

(0) Google日本語入力から他の入力環境(ことえり等)に一時的に移る。

(1) ローカルにあるGoogle日本語入力のフォルダをDropboxへコピー
cp -a ~/Library/Application Support/Google/JapaneseInput ~/Dropbox
(Dropbox内に"JapaneseInput"というフォルダができる)

(2) ローカルのGoogle日本語入力のフォルダを削除(ここでは事故に備えて名前の変更をしている)
mv ~/Library/Application Support/Google/JapaneseInput  ~/Library/Application Support/Google/JapaneseInput.ORG

(3) Dropbox内のGoogle日本語入力をローカルにシンボリックリンク
ln -s ~/Dropbox/JapaneseInput ~/Library/Application Support/Google/JapaneseInput

(4) 日本語入力をことえりからGoogle日本語入力に戻す。

以上。

Dropboxの無料アカウントを新しく作る場合、以下のリンクからアカウントを作っていただければ、私にもあなたにも250MBのボーナス容量が追加されます。よろしくお願いします。

Dropbox
https://www.getdropbox.com/referrals/NTg1MjAyNTk


[ 2012/05/17 08:31 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

LaTeXで機種依存文字(①とか)を使う方法 

個人的には使う必要は全くないのですが、外部の方とのやり取りの都合上、①などの機種依存文字を使わなくてはならない場面に遭遇しました。

しばらく検索していると次の記事を発見:

otf を使ってみよう!
URL: http://www.cymric.jp/old/tex/otf.html

この記事からの引用ですが、


\documentclass{article}
\usepackage{otf}
\begin{document}
\ajMaru{1}
\end{document}


とすると、①が表示されます。上の記事には他にも使い方が説明されています。
[ 2012/04/24 13:05 ] TeX | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。