スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CERNLIB on Mac OSX Mountain Lion 

Moutain LionにCERNLIBを導入した時のメモ。
全面的にこのページの内容に基づいている。感謝。

まず、aptというDebian系のパッケージ管理ソフトを使うので、このリンク先のdmgファイルをダウンロードして、いろいろ警告が出るけど気にせず(ただし自己責任)インストール。完了時に一度ログアウトさせられる。終わったら

/usr/osxws

というディレクトリが作られている。

つぎにsu(sudoではなく)をアクティベート。
アップルのこのページに従ってやればよいのだが、要は
・システム環境設定→ユーザとグループ
・ログインオプション→(右下)編集もしくは接続をクリック
・ディレクトリユーティリティ→編集メニュー→ルートユーザを有効にする
以上でOK.

$su
$/usr/osxws/bin/apt-get update
$/usr/osxws/bin/apt-get install OSX-base
$/usr/osxws/bin/apt-get clean

これで準備完了。いよいよCERNLIBのインストール

$/usr/osxws/bin/apt-get install cernlib
$/usr/osxws/bin/apt-get install cernlib-nypathcy
$ln -s 2006 /cern/pro (必要なら)

以上。
[ 2013/03/21 10:51 ] Mac OSX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/934-aa31aa6d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。