スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

xmgrのtips:等高線で囲われた領域を塗りつぶす 

【自分用の忘備録です】

グラフ描画ソフトxmgrを使って等高線で囲われた領域を塗りつぶすやり方をまとめておく。
最終的に描こうという図はこういうもの:
スクリーンショット(2011-06-14 17.59.46)

(1)準備
まずは以下のように高さの同じ2本の等高線データを用意する。
スクリーンショット(2011-06-14 17.55.29)
上の図で、黒と青の線で囲われた部分を塗りつぶすのだが、そのためにこの2つのデータが連続したものになるよう、編集する。

Data -> Data set operationsによって小さな窓
スクリーンショット(2011-06-14 17.56.10)
が開く(二つのデータがそれぞれの線グラフに対応)ので、2行目(データ)をクリックして反転させ、Operation type -> Joinを選んで実行する(Applyを押す)。

すると先ほどそれぞれ黒色、青色だった線が黒一本になる:
スクリーンショット(2011-06-14 17.56.35)
これで二つのデータが連続した一つのデータとして結合された。後はPlot -> Set Appearance -> Line -> Fill properties
Type: As polygon
Pattern: ■
Color: 適当(例ではgreen)

を選択すれば等高線内を塗りつぶされたグラフが出来る。
[ 2011/06/14 17:59 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/889-d9d7c8a7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。