スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イタリア・マフィア 

イタリア・マフィア
衝撃的な一冊。シチリア島に端を発する、イタリア・マフィアの歴史とその蛮行について暴いている。映画ゴッドファーザーを見て「マフィア、かっこいい」などと言っている場合ではない。そもそもマフィアが生まれた背景には、イタリアが常に外国からの侵略を受けていたことに起因するのだという。

1700年代以降、北イタリアはオーストリアやフランスなど、いわゆる「モダンな」考えを持つ支配者に支配されていたことにより、民衆が政治的社会的に目覚め国家というものに対する自覚を持ち始めたのに対して、シチリアを含む南イタリアを支配した侵略者はただ個人的な富の蓄積のためだけを考え、被支配国の社会発展には一瞥もくれなかった結果、シチリアには政治の腐敗と人心の荒廃が訪れたのだという。人々の政治に対する不信という隙をついて、法を超えて社会を支配するマフィアが生まれ、はびこるようになったのだと。

それにしてもマフィアが警察、検察、政治家にまで太いパイプを持ち、マフィアを取り締まろうという正義漢あふれる検察官が現れると、あっという間に残酷な方法で暗殺してしまうなど、まったく救われない話が続く。「ヤバイ話を聞いて(知って)しまった」というのが読後最初の感想。
[ 2010/12/18 10:50 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/868-13b68069


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。