スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツ出張:初日 

ドイツにある、バーギシェ・ブッパタール大学(リンク:http://www.uni-wuppertal.de/)に滞在中である。数年前から本学理系大学院生が留学プログラムの一環で10月から2月まで滞在しており、今期留学生への聞き取り調査と先方の先生方との会議に参加するのが目的。

初日は日暮里から新型スカイライナーに初搭乗。あいにく雨だったが車内は空いていたので折りたたみ傘を乾かそうと開いたが、乾く前に成田空港についてしまった。利用する飛行機はブリティッシュ・エアー(BA)。旅行代理店から送られてきた資料では、第一ターミナルにチェックイン・カウンターがある、と書いていたが、ホームに降りると壁にでかでかと「10月30日よりBAのカウンターは第二ターミナルに移りました」との表示が。慌てて連絡バスで第二ターミナルへ移動。

搭乗まで結構時間があったので、先日送られてきたレフェリー・レポートへの対応として論文原稿の修正完了。搭乗直前に今回同行する大学の同僚の方々と落ちあって無事に搭乗。

ロンドン・ヒースロー空港まで約12時間のフライト。機内では日本語音声吹き替えの映画が6本くらいあったが、そのうち4本と、吹き替えなしのパイレーツオブカリビアン3をみる。つまり離陸から到着まで映画を見っぱなし。といっても途中で先のレフェリー・レポートに対するお返事のお手紙も作成したり、当面の計算問題の構想を練ったり。

機内で見た映画の中では「トイ・ストーリー3」が最も楽しめた。最初の2作は見ていないのだが、キャラクターはディズニーランドや子供たち(が小さい時の)グッズを通してよく知っていたので、いきなり第3話からみても違和感がない。主人公の少年(人形たちの持ち主)が大学に入学することになり、もう人形と遊ぶこともせず…というお話で、笑いあり、涙あり(終盤、目頭が熱くなった)で、日本に帰ったら子供たちにも見せようと思った。

さて、ヒースローでの乗換は2時間弱で、そこから1時間でドイツ・デュッセルドルフに到着したのが現地時間午後7時くらい。本来ならここから電車に乗ってブッパタールへ行き、駅から地図を見ながらホテルを探す、という手順なのだが、思いがけず空港にブッパタール大学のJ先生(本留学プログラムのブッパタール側責任者)が車で迎えに来てくれいて、ホテルまで乗せてくださった。思いがけない出迎えが大変ありがたかった。

ホテルは無線LAN(認証つき)が通ってるのだが、なぜかiPhoneからは認証が通らない。ということで、iPhoneで撮った写真をブログにアップするのは帰国後になりそうだ。
[ 2010/11/03 12:14 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/860-1a2b8f6d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。