スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

物理学会終了 

物理学会は無事終了。今回、学会デビューした学生さんも、無事に発表をやり終えた。

で、発表の他には、観光もそれなりに大事。今回はぶらっと一人で門司港へ行ってみた。
写真(8)

いわゆる「門司港レトロ地区」と呼ばれるこの辺りは、古い瀟洒な建物がいくつか建っており、港町独特のよい雰囲気。これは旧税関。
写真(2)

実は門司港は、山口県下関市と関門海峡を挟んで対峙しており、港から下関の港がよく見える。

ということで、船に乗って一路下関へ。といっても約5分で着いてしまう。
写真(4)

今回初めて知ったのだが、宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘した巌流島は関門海峡に浮かぶ小島である。ということで、ここまで来たら、巌流島へ行くしかない。

かつては武蔵と小次郎が決闘し、90年代にはアントニオ猪木とマサ斉藤がレフェリーなし、時間無制限のデスマッチを行った「あの」巌流島へ足を踏み入れると感慨もひとしお。
写真(3)

島を4分の1周ほど歩くと、武蔵が乗ってきた小舟が波打ち際に打ち上げられている。
写真(5)

こちらは武蔵と小次郎の対決の銅像。実はここでLHC実験に参加している、T大学○CEPPのK林先生とばったり遭遇。先生は若い頃から武蔵の大ファンで、大学3年の時に、とある授業で武蔵に関する調査レポートを提出し、教授から「卒論レベルだ!」と褒められたそうな。

写真(7)

その他、武蔵にまつわる色々なお話を聞かせていただきながら、船で下関へ戻る。学会午後のセッションまで時間が無かったので、港の定食屋でふぐ刺しぶっかけ丼をかきこみ、バスと電車を乗り継いで会場に戻った。途中、S都大学○京のS吉先生はじめ、幾人かの学会関係者に遭遇。慌ただしかったが、充実した半日の遠足だった。
写真(6)
[ 2010/09/14 22:25 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/839-52559c8b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。