スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

mjograph [Mac OSX only] 

計算結果をグラフに描画するにあたって、マックで適当なのが無いかと探していたら、MjoGraphというのを発見。

mjograph

2次元データのみ対応だが、今のところ満足。何がよいって、グラフのラベルやラインの説明などのテキストを、TeXコマンドを使ってかけるのです。以下の図を拡大してみてください。

スクリーンショット(2010-06-07 2010年6月7日14.46.41)

テキストを書き込む際、単に「$」マークを最初につけるだけ($を閉じる必要はない)。つまりy=f(x)という文字列をTeXモードで書き込む場合は該当する欄に

$y=f(x)

としてEnterキーを打つ(これを忘れると画面に反映されません)だけです。要するにTeXを内部コマンドとして呼び出すのです。そのため、TeXの居場所を指定する必要があります。TeXをMacportとかでインストールしている場合、または手動でインストールしてもインストール先が/usr/local/bin/であれば何もいじらなくてよいのですが、私のように

/Applications/pTeX.app/teTeX/bin/
にインストールした場合、

/Applications/MjoGraph.app/Contents/Resources/Java/scripts/latex.sh

をエディタで開いてこの画像のように、「# If you have installed latex in an unusual place」と書いている場所を編集すればOKです。

スクリーンショット(2010-06-07 2010年6月7日15.00.37)
[ 2010/06/07 15:02 ] コンピュータ | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/06/08 12:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/820-fb0c7815


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。