スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

がんと闘った科学者の記録 

がんと闘った科学者の記録
戸塚 洋二
文藝春秋
売り上げランキング: 13821

今年亡くなられた、スーパーカミオカンデのリーダーであった戸塚洋二先生の著書、というか、ご本人のブログを立花隆氏が編集したもの。

2000年の時点で大腸ガンが発見されて手術し、その後の経過を極めて客観的に分析、解説、提言している部分、驚嘆するしかない。余命数ヶ月と宣言されながらもなぜそこまで自分を客観視できるのだろう。

ガンに冒されたこと自体、若い頃の不摂生の賜物で、責任は全て自分にあるとの言葉を見て、生活習慣を改めようと思った。

読んで少し気が楽に慣れたのは、戸塚さんがご自分の恩師である、小柴先生の想い出をつづっている部分。戸塚さんがご健在なら笑い話として楽しめるが、亡くなられた今となってはその笑い話さえ哀しみを誘う。
[ 2009/12/16 22:47 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/773-b3aa7c15


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。