スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

物理学会(2) 

学会二日目。
午前中前半はストリングのセッションでH本さんの超対称原子核のお話しを聞いた。重い原子核、つまり核子の多体系の扱いを超弦理論のAdS/CFT対応を用いてやってしまおうという野心的な試み。プレゼンも独特でとても勉強になった。

後半は実験のセッションへ、Tevatron(CDF)の最新結果の報告を聞きに行った。
トップ・クォークのsingle/pair productionのデータとかの話の後、Forward-Backward asymmetryの話へ。これはいくつかの論文で、データが標準模型の予言を上回っている、と言う議論がなされているが、今日のお話しの限りでは特に表寿模型を超える物理の徴候はない、とのこと。

昼食後、明日発表する学生さんの相談に乗って、宇宙線のシンポジウムへ。
今年のホットトピックである、宇宙線(電子、陽電子、反陽子)観測がテーマ。
ATICやPAMELAによる宇宙線観測実験から、宇宙線の伝搬に関する標準的な模型の予言に対するフラックスの超過が見受けられ、すわ、ダークマターか、と騒がれたが、それを色々な角度から検証していた。

結局、PAMELAのpositoron dataは確かにexcessを示しているものの、当初騒がれていたATICの「電子+陽電子」フラックスのexcessはその後のFermi-LAT等では(相対的に)見つからず、結局宇宙線のアノマリーを肯定してよいのか否定して良いのか、わからなかった。

夕方は、大学時代の同窓生(私を含めて)4人が集まり、お食事へ。
三ノ宮の駅前で待ち合わせたのだが、最初に見つけた一名(約10年ぶりの再会)は、すっかり巨大化していた。二人目はすっかり薄くなり、残りの二人は学生時代よりやせていた。

何はともあれ、腹ごしらえ。

このお魚たちが・・・
写真 3

こうなったり・・・
写真 4

こんな姿になったり。
写真

二次会は、私としては滅多に行くことのない、きれいなお姉さん達の出てくるお店へ。おしゃべりを堪能して三次会は台湾料理。
写真 2
もう12時を回っているというのに、豚足と餃子を何回おかわりしたのだろう。明らかに食べ過ぎ。

ということで、10年ぶりの人もいれば15年ぶりの人もいて、しかしそんな時間は一瞬で乗り越えて、学生時代の話、今の話、これからの話、の花を咲かせた。
[ 2009/09/12 02:23 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/733-3a3421f4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。