スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オバマ大統領就任 

オバマ米国第44代大統領の就任式が終わり、今パレードを行おうとしている。
初の黒人大統領であるオバマ氏登場に関連するお話はすでに語るに尽くされた感があるが、世界大恐慌の入り口にある現在としては、やはりオバマ大統領がどのような経済政策を立てて、実行していくかということに注目し、期待せざるを得ないだろう。

お正月に米国の株価が上昇、米ドルが他の通貨に対して上昇したのはオバマ大統領に対する期待感が多く反映されたもの、という解説を良く聞くし、一方で先週から今週にかけて株価は大幅下落、ドルも、円に対して下落(一般にドルのリスクが高まると、円が変われる傾向にある)しているのは、オバマ大統領を「試している」のだと思う。

就任パレードには35万人が集ったと言われ、米国は熱狂を伴った歓迎ムードにつつまれているようだが(このあたりの体感温度は私には性格にはわからない。米国居住者の方に聞いてみたい)、一方でこんな辛らつな見方もあるようだ。

欺瞞の宣誓:「変革」か、あるいは「終わりの始まり」か
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/

・前任者であるブッシュ、クリントンと同様、オバマ大統領もやはり特定の業界、ロビーストから多額の献金を受けていること、

・選挙で600億円も使ったばかりなのに、就任式の式典だけで40億円(60億円以上という試算もあるらしい)も「浪費」しようとしている、

・米国の失業率は7%を超えて、失業手当さえ支払えない「破綻した州」がでそうだというのに、

など、手厳しい。こういう冷静な見方も必要なのだろう。
[ 2009/01/21 05:57 ] その他 | TB(0) | CM(1)

DCのすぐそば

こんにちは。ワシントンDC近郊にある東のシリコンバレーといわれるエリアに勤める私からみた、オバマ大統領への期待感ですが、特にうちの部署が20代のIT系、しかも多人種構成ということからか、かなりみんながみんなオバマを強烈に支持しています。とはいえ、比較的もろにインパクトを受けてない(と思われていそうな)IT業界ですら、レイオフは始まってます。わりと手堅いポートフォリオにしておいた401kですら、やっぱり価値が下がってるし、破産申請者の話もちらほら耳に入るようになっています。こんな状況で、景気刺激対応Checkの話が出てますが、それってBushのときと同じ発想で、ちょっとガッカリです。まだ就任後2週間程度で、判断を下すのは早すぎますが、結局国債を日本や中国に買い続けてもらうという路線にかわりはなく、そのくせ国内産業保護が公約でドル安もあって、輸入は伸びない。日本や中国から資産のある人に投資(移民法の大幅緩和)がささやかれていますが、そうやって資本が出て行く側の国の人間としてはどうしたらいいんでしょう・・・。アメリカが立ち直れば日本も立ち直るというハナシなんだろうけど、やっぱり納得いきません。ドルで給料をもらう身としてはまだ止まらなそうな円高傾向もつらいところです。
[ 2009/02/02 10:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/597-69b89fb4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。