スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界経済は大丈夫か? 

今週は世界経済にとって、歴史に残る一週間だったと思う。昨年7月の米国・サブプライム問題の表面化から「やばいぞ」という声はあったのだが、「何とかなるさ」という楽観論がはるかに強かったと思う。ところがこの2,3ヶ月の経済の動きを見ていると、いよいよ楽観論は姿をひそめ、悲観論一色になりつつある。

これは日経平均株価のグラフ。左端が2001年3月、右端が現在。左側にある底値が2003年の安値。この安値、二度と下回ることなどないと思っていたが、今週、あっさりと下抜けてしまった。グラフを見るとまさにフリーフォール(自由落下)。
日経平均
このようなグラフ上でみる株価の値動きは通常、(現在が上昇基調であろうか下降基調であろうが)過去のギザギザの節目のところで一端反発し、再びもとの上昇(下降)基調に戻るか、それとも逆方向へ動くか、するのだそうだ。

しかしこのグラフを見ると現在の株価の下落は左側(過去)の値動きの節目など一切関係なく、「ストン!」と落ちている。しかも過去の最安値を抜けたと言うことは、この先どこまで下がるか予想がつかない、ということ(らしい)。

前回(2003年)の安値の頃は、日本は不良債権処理、貸し渋り、貸し剥がし等が横行し、企業は新卒採用を控えるなど「就職氷河期」であった。当時の学生さん達は大変苦労したことと思う。今回はどうなるだろうか。


下のグラフはドル円の値段。
グラフの左側にある底値は1994年、1ドル約79円。実は私が始めて海外に出かけたのがこの年。
夏休にSLAC(スタンフォード線形加速器研究所)で開かれる夏の学校に参加したのだった。


SLACのURL


ドル円
1ドルおよそ80円だから、海外にでかけるにはもっとも有利なレートの時代。どのお店に行っても、ホテルの値段も、1ドル100円で換算しておつりが来る、と思えば非常に物価が安く感じられた。ちなみにその頃に購入したトラベラーズ・チェックは2005年にコロラドのSnowmassに言ったときに換金してしまった。

で、グラフに戻るが、今週1ドル80円台に突入してしまったので、明らかに形勢は1994年の1ドル79円を目指しているように見える。昨年あたりは1ドル120円を越える時期もあったわけで、輸出企業なんかは品物を1ドルで売っても円に両替する際に40円、つまり昨年比30%程度、損をしているわけだ。

もうちょっと身近な例で考えると、アメリカでポスドクをするとしよう。給料はもちろんドル。今のポスドクのお給料の相場はわからないが、年俸はだいたい3万ドル位ではないだろうか(もっと高いかな?)。

昨年の相場、1ドル120円なら、現地で3万ドルもらったら日本円では360万円。月給で30万円。しかし今は1ドル80円なので、年俸240万円なので、月給20万円になってしまったということ。日本へ里帰りするにしても、飛行機代を捻出するのも大変だろう(研究会出席等、出張扱いということにして、所属機関から旅費をサポートしてもらえればハッピーだが)。

まぁ、あんまり「大変だ、大変だ」と言っていても始まらないのだが、何が起こっているのか、どこへ向かおうとしているのか、どう収束しようとしているのか、については注視していきたい。
[ 2008/10/26 00:14 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/549-7bf281c1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。