スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

祝!ノーベル物理学賞 

やはりこれは記録しておかなければなるまい。

ノーベル物理学賞]益川教授ら日本人3氏に授与
http://news.livedoor.com/article/detail/3849797/

南部陽一郎・米国シカゴ大学名誉教授、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授、益川俊英・京都大学名誉教授の3名が同時にノーベル物理学賞を受賞したと言うもの。

南部先生の受賞理由と、小林・益川両先生の受賞理由が異なる点が何ともいえない香ばしいところだが、同じ分野の末端を汚す一人としてとても喜ばしいし、心からお祝い申し上げたい。
(小林誠先生が、1・2の三四郎(Wikipedia参照)の原作者と同姓同名ということはあまり知られていない、と思う)

南部先生は実は私の今の親分であるS本先生がポスドク時代の親分で、小林先生は私がK○Kでポスドクをしていたときに主幹(つまり組織の偉い人)であった。ということで只ならぬご縁を感じる、という人は日本の素粒子論屋の中にたくさんいることだろう。

ちなみに数年前、この時期に国際会議に参加するため韓国を訪問していた際、主催者の韓国人教授が夕食に招待してくださり、帰りのタクシーの中でラジオ(韓国語)を聞いて「おぉ、小林・益川がノーベル賞を取った」といって興奮してホテルのフロントからあちこち電話をかけまくっていたが、それは完全な聞き間違いだった、ということは内緒話である。

取りあえず金曜日の授業はこの話題で何か話さなくてはなるまい。
[ 2008/10/07 23:32 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/539-52980c6c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。