スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Linuxインストールメモ:Ubuntu-ja5.10  

インストール自体はほぼ自動。

■X-windowの設定
Xの起動に失敗したので、/etc/X11/xorg.conf内の

Section "Device"
Identifier "Intel Corporation 82865G Integrated
Graphics Device"
Driver "i810"
★ #Option "MonitorLayout" "CRT,LFP"
★ #Option "Clone" "true"
BusID "PCI:0:2:0"
EndSection

をコメントアウト。Xの起動に成功。

■latex -> pdf
texファイルの先頭に
   \usepackage[dvips,dvipdfm]{graphicx}
を入れること。

platexでコンパイル。出来たdviファイル(sample.dvi)を
%dvipdfmx sample.dvi [enter]
でPDFファイルに変換。

■xmgrace(グラフ描画ソフト)
・インストール
  sudo apt-get install grace [return]

なぜか実行ファイル(xmgrace)が
/usr/bin/
ではなく、
/usr/X11R6/bin
にインストールされてしまうので、パスを通す:
具体的には例えば、.bashrc内に

PATH=/usr/X11R6/bin:~/bin:$PATH
export PATH
の2行を加える。

■Jaxodraw(Feynman diagram描画ソフト)
・まずJavaをインストール
    sudo apt-get install j2re1.4

・Jaxodrawのウェブページから、次のふたつのファイルをダウンロード
    axodraw-1.0-0.i386.rpm
    jaxodraw-1.3-1.noarch.rpm

・二つのファイルはrpmパッケージなので、alienをインストールしておく
    sudo apt-get install alien

・インストール:
    sudo alien -i axodraw-1.0-0.i386.rpm
    sudo texhash
    sudo alien -i jaxodraw-1.3-1.noarch.rpm

・もしGNOMEから起動したければ:
   usr/share/applications/jaxodraw.desktop

というファイルを作って、その中に次の内容を書き込む:

   [Desktop Entry]
   Name=JaxoDraw
   Comment=JaxoDraw
   Exec=jaxodraw
   Icon=jaxodraw
   Terminal=false
   Type=Application
   Categories=Application;Graphics;

すると「アプリケーション」→「グラフィックス」の中にアイコンができているはず。
[ 2006/03/16 07:39 ] Linux | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/5-519450dd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。