スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Vine Linux 3.2 インストール 

ちょっとした事情で、かつて愛用していたVine Linuxをインストールすることになった。

現在すでにUbuntu-jaがインストールされているので、HDDの空いたところにVineを入れて、デュアルブートをすることに。

こちらのページを参考に、次のようにインストール:

\dev\hda1 --> Ubuntuの\(root)
\dev\hda2 --> Vineの\(root)
\dev\hda5 --> swap領域(共用)

もともとUbuntuのブートローダ(grub)がパーティションの先頭に入っているので、vineのブートローダ(LILO)は/dev/hda2の先頭に入れることにする。

vineのインストールは、ハードウェアがすべて自動認識され、すんなり終わる。

再起動後(まだこの時点ではUbuntuしか起動しない)、/boot/grub/menu.lstを開いて、次の3行を追加:
---------
title Vine Linux 3.2
root(hd0,1) <--- 2番目のパーティションという意味
chainloader +1
---------

これで再起動して、ESCを押すと選択画面が出るので、そこでVineを選べばよし。

sambaをインストールし、

smbpasswd -a [username]

でユーザー名とパスワード、次にsmb.confを開いて

workgroup=MSHOME

とする。次にホスト名をlocalhostから変更:

(i) /etc/hosts
(ii) /etc/sysconfig/network
の中にあるホスト名を修正してネットワークを再起動。

これでWindowsとのファイルのやり取りができる。

Linux起動時からsambaを立ち上げたければ

/sbin/chkconfig smb on

でOK。
[ 2006/06/01 13:06 ] Linux | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/47-f5f23255


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。