スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週末と週初 

■5月10日(土)
大学に休日出勤(といっても手当ては出ない)して、素○子論グループ事務局の仕事を進める。なんだかんだいって、結局自分ひとりで全ての雑用をかぶらなければならないことに、最近耐えられなくなってきた、というか腹が立ってきた。
夕方、子供を迎えに大学を出た後にS川さんが現れた(しかもケーキ持参で!)ということを、今日(月曜)になって聞いた。縁がないですねぇ。

■5月11日(日)
自治会の総会。昨年設立されたばかりだから、第一回目の総会。私はマンションの管理組合から自治会担当として送り込まれ、設立に携わった経緯から、そのまま役員にさせられてしまったので、今回も総会準備で忙殺。総会に出席した会員さんたちは皆積極的で、色々な発言も出て面白かった。だが疲れた。さて、これから議事録を作るか。

■5月12日(月)
夕方、C央大で合同セミナー。講師はIPMUのM山さん。とても話が上手で、「何でも知っている」という感じ。途中、「重力なので、このファクターは16です」という駄洒落(本人は意識していたかどうか知らないが)も飛び出すなど、退屈しないセミナーだった。

要は、超弦理論に基づく宇宙論を展開するに当たり、これまで真空の安定性(モジュライ場の安定化)を保証する機構がなかったのだが、2003年のKKLTによるType-IIBに関する安定化機構の発見によって、超弦理論屋さんが「現実的な」宇宙論を展開できるようになったのだそうだ。
[ 2008/05/12 22:06 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/464-38b558d7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。