スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今学期初授業 

今学期の授業は金曜日に集中している。これは一見楽そうに見えるが、授業の準備は大変。初日の様子をメモしておく。

■物理学入門(午前その1)
コア科目(基礎講義)という、専門外の学生対象の、一般教養的な授業。
初日ということで、履修登録前の様子見もいるであろうが、割り当てられた教室は満席。
教室にはスクリーンとプロジェクタが取り付けられていたが、スクリーンに黒板用照明の傘がかぶってしまい、ちょうどスライドのタイトルの部分が影になって見えなくなる。取り付けを行う際の設計ミスですね。

この講義はパワーポイントで行うのだが、学生さんがノートをとるのに忙しく、説明を聞いてもらえないのでファイルをアップすることにした。本学で現代GPに採択されたプロジェクト

キャリアレポート放送局

で授業用の配布物やレポート提出用のサーバーを立ち上げているそうなので、今後これを利用することに。

■古典力学(1年生対象、専門科目・必修)
昼食後の授業と言うこともあり、学生たちは睡魔との闘い・・・になると思ったが、やはり第一回目と言うこともあり、意外に集中していた。(再履修の学生何人かはしっかり眠っていたが。)
授業の概略を説明後、力学で使う物理数学の話を少し。ベクトル積を完全反対称テンソル(3次元でもレビ・チビタと言ってよいのか?)の、使った表記法にやけに食いついてくる。授業終了後も説明が途切れないのでよくよく聞いてみたら「高校でベクトル積を教わっていない」とのこと。はぁ。

■力学演習(1年生対象、専門科目・選択)
第一回目と言うことで、TA(ティーチング・アシスタント)のY江さんを紹介し、問題を配布して終了。
[ 2008/04/20 08:31 ] お仕事 | TB(0) | CM(2)

ベクトル積は知らないはず。

お粥ではご足労を・・・
てっきりお風邪だと思ったので、
お粥の選択をしました(トホホ)
高校でならっていないのは「外積」のことですよね。
表記が高校とは全く違いますから、1年前期は大変です。
不等号も形が違いますから。ベクトルの書き方も。
きちんと食いついてくる学年でいいですね。

問題は力学演習で、常微分方程式をまだ知らないまま、
力学の問題を解くことですね。
うまく物理数学と連携が取れればいいのですが……
#ここで言っては何ですが物理数学の中の線型代数をもっとしっかりやるべきだと思いましたね。
[ 2008/04/21 00:27 ] [ 編集 ]

Hタさん

お粥の際は、お気遣いありがとうございました。大変満足いたしました。

そうそう、「外積」のことです。しかも「ベクトル積の結果はベクトルで、その向きは右ねじの方向だよ」ということまで聞かれ、「ローレンツ力をやったでしょ?」と言ったら通じました。なぜ通じたのか(高校でローレンツ力を外積で教えているのか)、わかりませんが。

演習の方、なるほど、気をつけて進めたいと思います。
[ 2008/04/21 00:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/455-e6c9e15b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。