スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国際物理オリンピック 

日本の高校生が大活躍したようです。


(朝日新聞より)
国際物理五輪で日本の高校生が金銀銅 生物五輪も銀と銅
http://www.asahi.com/science/update/0722/TKY200707220336.html



正式名称は
国際物理オリンピック(http://www.phys-challenge.jp/ipho.html)
といって、1967年にポーランドで第一回大会が開催されたそうです。各国の代表は5名で、大会期間は10日間、理論問題、実験問題を各5時間かけて解くのだそうです。

意外なことに日本は2006年7月のシンガポール大会から初めて代表を派遣したそうな。

過去問の一部もこちらから見れます:
http://www.phys-challenge.jp/syllabus.html#link

同じページに参考図書一覧があるけど、大学初年級でも最近ではちょっと読みこなすのが大変そうな本が並んでいます。

ちなみに本学物理学科ではAO入試の対象としてこの物理五輪入賞、という条件を掲げています。
もう一つちなみに、大阪大学では国際物理オリンピック入試と称して日本代表として出場した人を対象とした入試を平成20年度からやる予定で、要件がそろえばセンター入試や個別学力テスト、面接など一切なし、推薦書もなしで入学を認め、入学後に専任チューターを割り当てる、としています。詳しくはこちら:
http://daigakujc.jp/c.php?u=00053&l=03&c=00057
[ 2007/07/23 09:53 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/294-ff880503


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。