スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FFのインストール 

【忘備録です。本人以外は何のことかわからないと思います】

■まずはダウンロード
http://www.xs4all.nl/~gjvo/FF.html

■解凍してmakeすれば終わりなのだが、昔共同研究をしていたRobさんが作ってくれた、使い勝手を良くするためのルーチン(tensor functionをscalar functionにreductionする)を使うために、以下の作業が必要。

(2008.8.12追記)
単純にコンパイルしてもだめで、いくつかの作業用ディレクトリを指定するために、ファイルを編集する必要がある。例えばユーザー名watashi, FFを/Users/watashi/ffにインストールしたとしたら、

(1)Makefile
DEST = /usr/local/lib

DEST = /Users/watashi/ff
と変更。

(2)ffinit.f
エラーや警告メッセージを書き出すファイルを置くディレクトリを指定する必要がある。
778行目辺りにある
path = '/user/gj/lib/'
fullname = path(1:index(path,' ')-1)//name
をコメントアウトして、
fullname = '/Users/watashi/ff/'//name
とする。これでmake 一発。

■FFを解凍したディレクトリで、
%ar r libff.a *.o [enter]
%ranlib libff.a [enter]

■Robさんルーチンを解凍したディレクトリ(rs/としよう)に移動して:
%g77 -c a_integrals.f [enter]

などをやってオブジェクトファイルを用意。次に

%ar r librs.a *.o
%ranlib librs.a

でおしまい。サンプルプログラムのコンパイルができるはず。

(2008年9月11日追記)
Robさんルーチンをここにおきました。
[ 2007/07/05 19:15 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/282-235bb0d3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。