スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

下流喰い 

下流喰い―消費者金融の実態
須田 慎一郎
筑摩書房 (2006/09)
売り上げランキング: 8760


読んでいて元気がなくなる本。とはいえ、深刻な社会問題である、多重債務者とそれを生み出す元凶の一つである消費者金融について真正面から切り込んでいる。テレビで流れる、かわいいお姉ちゃんのでるCMや駅前で配られるティッシュに惑わされて、「普通の会社」っぽく思われがちな○イフルや武○士などの大手消費者金融会社が、「街金」や「ヤミ金」と何ら変わるところのない体質であることがよくわかった。
[ 2007/03/10 20:56 ] | TB(0) | CM(2)

読んでますね

Cょうさんお久しぶりです。最近はブックレビュー中心ですね。このごろ日本の本屋に行きたくてしょうがないです。日本語の本が手に入らないもので。。

消費者金融のCMは前から気になっていました。あれだと、借金をする事が、服を買ったりするのと同じ感覚になる人もでてくるだろうなあ、と。面白そうな本ですね。小説ですが、宮部みゆきの『火車』が多重債務者を取り上げていておもしろかったですよ。
[ 2007/03/12 05:27 ] [ 編集 ]

読んでますよ

■きんちゃんさん
お久しぶりです。図書館で予約した本が次々にまとめて届くので、無理やり読まされているような状況です。おかげで通勤時間は退屈しないで済みますが。

「火車」は私も数年前に読みました。背中が涼しくなるお話でしたね・・・
[ 2007/03/12 06:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/233-e956f98e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。