スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

忘年会 

昨夜は物理学科の忘年会。実は私が勤め始めて7年目にして初めての忘年会だったりする。呼びかけ(及び幹事)は学科長のH谷先生。

場所は茗荷谷駅前の海鮮居酒屋 花の舞。話も食事もお酒も弾み、あっという間にお開きに。店を出たとたん、誰も躊躇することなく2次会に。店探しにちょっと手間取ったが、駅前の地下1階にある呑み屋へ。参加人数の関係でテーブルがわかれてしまったが、同席したT先生、O先生と共に珍しいお酒を堪能。

まずは「やかん酒」。
忘年会1

なんと純米吟醸の日本酒を熱燗にしてしまうという贅沢さ。普通、日本酒は熱燗にすると多かれ少なかれアルコールや香りが飛んでしまうのだが、これは全然そんなことはない。

あまりにもおいしいので店員さんに「なんという銘柄の酒をやかんに入れてるの?」と聞いたら「やかん酒という銘柄なんです」との返事。疑いの眼差しを向けていたら、ビンを持ってきてくれた。本当に「やかん酒」と書いてある。
忘年会2


ためしに燗をしないまま少し呑ませてもらったが、熱燗の方が香もよく、味もキリリとしまっていい感じ。

お次は「何とかいう魚」の骨酒。本当は最初にこちらを注文したのだが、作るのに20分ほどかかるということで、やかん酒を先に飲む事になっていたのだった。でてきたらこれまたビックリ。
忘年会3忘年会4

何とかいう魚が一匹丸ごと入っている。これがまたおいしい。お酒を飲み干した後はもちろんお魚をつっつく。

そうこうしているうちに2次会もおわり。解散かと思いきや、H先生に案内されてO先生と私の計3人で3次会。H先生ごひいきのカクテルバーへ。茗荷谷にこんなお店があったのか、と目から鱗。好物のソルティ・ドックを一杯飲んで話し込んでるうちに終電の時間になったので帰宅。久しぶりに飲み歩いての午前様だった。

残念なのは、2次会、3次会のお店の名前を一切覚えていないこと。今度は記憶を頼りにあの近辺をうろついて探さなければ。
[ 2006/12/28 10:29 ] お仕事 | TB(0) | CM(3)

おぉぉぉ
これがうわさの!
どちらもおいしそうですねぇ
そしてジャズバーがあったとは。
Cょう先生がお店を思い出すまで茗荷谷を歩き回りましょう。
[ 2006/12/28 14:31 ] [ 編集 ]

やかん酒なだけに夜間、酒。(寒)

趣があっていい感じですね~!
興味あります。
来年からは東京にでるので研究室の飲み会の折には是非声をかけてやってください!
[ 2006/12/28 23:10 ] [ 編集 ]

バーは無縫庵?(わらじの向かい?)
地下は,なんだろう??
立ち飲みやもできていますよ<茗荷谷
[ 2006/12/29 01:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/182-9fc03472


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。