スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

vmware+vine linux 4.0 

月9の「のだめカンタービレ」も無事終了し、ほっとしていたのもつかの間、愛機のレッツノートがソフトウェアインストール時の不手際でポシャッてしまったため、リカバリを行う。で、ついでなので最近リリースされたvine linux4.0をvmware player上にインストールしてみた。

・vmware playerのダウンロード。
http://www.vmware.com/download/player/

・ イメージ ダウンロード vine linux 4.0のイメージファイルをダウンロード。
http://ftp.kddilabs.jp/pub/Linux/packages/Vine/Vine-4.0/CDIMAGE/Vine40-i386.iso

.ハードディスクのイメージファイルはこちらで入手(10GBのもの)。
http://www.comp.cs.gunma-u.ac.jp/~hiroshi/vmware_player/vmplayer.html

・設定ファイル。たとえばvine40.vmxという名前で、内容はこんな感じ。
----------------------------------
config.version = "8"

# 仮装マシンのHDイメージ
ide0:0.present = "true"
ide0:0.fileName = "vine40.vmdk"


# CD-ROM
ide1:0.present = "true"
ide1:0.autodetect = "true"
# CD-ROMを利用しない場合はこっちをコメントアウト
#ide1:0.fileName = "auto detect"
#ide1:0.deviceType = "atapi-cdrom"
# ISOイメージを利用しない場合はこっちをコメントアウト
ide1:0.fileName = "Vine40-i386.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"


# floppy
floppy0.present = "false"
floppy0.fileName = "A:"


# ethernet
ethernet0.present = "true"
ethernet0.connectionType = "nat"

# guestOS TYPE
# guestOS = "winnetstandard" # Windows Server 2003 standard Edition
# guestOS = "winxppro" # Windows XP Professional
# guestOS = "win2000Pro" # Windows 2000 Professional
# guestOS = "redhat" # Red Hat Linux (generic)
# guestOS = "suse" # SuSE Linux (generic)
# guestOS = "netware5" # Netware5
# guestOS = "netware6" # Netware6
# guestOS = "solaris9" # Solaris9
# guestOS = "solaris10" # Solaris10
# guestOS = "freebsd" # FreeBSD (generic)
# guestOS = "otherlinux" # Other Linux
# guestOS = "other24xlinux" # Other Linux 2.4.x kernel
guestOS = "other26xlinux" # Other Linux 2.6.x kernel
# guestOS = "other" # Others


# Sound
sound.present = "true"
sound.virtualDev = "es1371"
sound.autoDetect = "true"
sound.fileName = "-1"

# 仮装マシンに割り当てるメモリのサイズ
memsize = "256"

ide0:0.redo = ""
ethernet0.addressType = "generated"
displayName = "C:\vmware\vine40.vmx"
uuid.location = "56 4d a9 e8 a2 12 cf af-c2 2d 9f 88 7c ef ff d1"
uuid.bios = "56 4d a9 e8 a2 12 cf af-c2 2d 9f 88 7c ef ff d1"
usb.present = "TRUE"
tools.remindInstall = "TRUE"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:ef:ff:d1"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
checkpoint.vmState = "vine32.vmss"
----------------------------------

・後は普通にインストール。前回(vine3.2)に比べて手こずったのはsambaのインストール。
(1) まずはwindowsの方でワークグループを設定(CHONETとしよう)。
(2) linuxの方でapt-get update, apt-get samba installを実行。
(3) smbpasswd -a [user] でパスワードを設定。
(4) /etc/samba/smb.confを編集。WORKGROUPの行を(1)で設定した
「CHONET」に修正するだけで取り合えずOK。
(5) GNOMEの「デスクトップ」→「セキュリティ管理」→「ファイアウォール…」内でsambaにチェックを入れる。
(6) /etc/rc.d/init.d smb startでsambaを起動。これで完了。
[ 2006/12/27 05:43 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/177-c9d08fb8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。