スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

HEP papers 

Title: Z' Phenomenology and the LHC
Authors: Thomas G. Rizzo
Comments: TASI 2006 Lectures in the required format

まぁ、TASIの講義ノートということで。


Title: Unitarity Challenges to the Randall Sundrum Model
Authors: Bohdan Grzadkowski and John F. Gunion

何かこんな感じかな:高エネルギーのWボソンの2体散乱で、両方のWボソンが縦波偏極している場合(いわゆるequivalence theoremに相当)、その振幅がエネルギーに比例するため、S行列のユニタリティからそのエネルギースケールに上限が課される。標準模型では、ヒッグスボソンの存在がその上限を帳消しにしてくれる。で、例のRundall-Sundramでそのような上限を求めたら、何やらかんやらがわかるのだそうだ。本文を読む時間が欲しい。


Title: RS model with a small curvature and gravity effects in e+e- annihilation into leptons at the LC
Authors: A.V. Kisselev
Comments: 19 pages, 11 figures

[ 2006/10/11 11:19 ] HEP preprints | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chogc.blog9.fc2.com/tb.php/126-face105b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。