スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Keynoteの図をepsに変換 

参照元はこちら

(1) Keynoteで作った図を選択し、クリップボードにコピー。
(2) プレビューに貼り付け、PDFとして保存。
(3) PDFファイルをTeXShopで開き、選択ツールで全体選択→epsファイルとして保存。


スポンサーサイト
[ 2013/07/24 10:15 ] Mac OSX | TB(0) | CM(0)

【LaTeX Tips】図入り問題 

問題文に図をいれるときに、比較的小さい図なら問題文の横に置きたくなることがある。
以下のようにしてみた。

%問題文を左側に
\begin{minipage}[t]{0.5\hsize}
図のように、以下省略、以下省略、以下省略
\end{minipage}
%右側に図を
\raisebox{-12mm}{
\begin{minipage}{0.5\hsize}
\begin{center}
\includegraphics[width=6cm]{fig1.eps}
\end{center}
\end{minipage}
}

図の大きさによっては問題文と図の高さがずれることがある。そういう時は\raiseboxの数値を微調整すること。
[ 2013/07/12 22:52 ] TeX | TB(0) | CM(0)

【LaTeX Tips】テスト問題の解答表示の選択 

試験問題を作る際、問題と共に解答も作っておき、オプションで表示の有無を洗濯する方法。

(1) ファイルの先頭(\begin{document}より前)に以下の2行を追加
\newif\ifanswer\answerfalse
%\newif\ifanswer\answertrue

*解答を表示する際は1行目を、表示させない場合は2行めをコメントアウト

(2) 解答部分を「\ifanswer」と「\fi」ではさむ。例えば
\ifanswer
(解答例)
\fi


以上。
[ 2013/07/12 22:48 ] TeX | TB(0) | CM(0)

【Mac OSX】Keynoteで作った図をEPSに変換する方法 

以下のリンク先を参照しました。

ToyViewerというアプリをこちらからインストール。(注意:OS10.7対応)

(使用法)
(a) Keynoteで図を作ったらそれを選択し、コピー(クリップボードへ)。
(b) ToyViewerを起動し、「ファイル」→「ペーストボードから開く」(選択した図が表示される)。
(c)「ファイル」→「形式を指定して保存」→「EPSで保存」
[ 2013/07/12 22:41 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。