スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Evernote:複数マシンでの管理(改定、120525) 

Evernoteで文献管理をしている。

(参考記事)Evernoteを使った文献管理

オンライン版は月毎に無料で保存できる容量の上限があるので、ローカルのハードディスクにデータを貯めるようにしているが、これを研究室や自宅など、複数のマシンの間で同期できれば便利。ということで、今は以下のような設定(シンボリックリンク)にしている:

[1台目のMac]
以下のように、ローカルからDropboxへシンボリックリンクを貼る。
% ln -s Library/Application Support/Evernote -> /Users/Dropbox/Evernote [enter]

[2台目のMac]
(1) Dropboxとの接続を切る(これをしないと大変な事に…)
(2) Evernoteのインストール
(3) 1台目のMacから「Library/Application Support/Evernote」をホームディレクトリ(別に他でもいい)にコピー。
(4) ローカルからDropboxへシンボリックリンクを貼る
% ln -s Library/Application Support/Evernote -> /Users/Dropbox/Evernote [enter]

以上。
スポンサーサイト
[ 2011/09/27 06:57 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

物理学会@弘前大学 

9月16日から19日の間、青森県は弘前大学で開催された物理学会に参加してきた。
IMG_2741.jpg

今回、うちの研究室からは院生3名が発表。それぞれ自分なりに頑張って準備をして、発表をこなしていた。また、LHCの結果(夏の国際会議で報告済みだが)についてのトークを含む、ハドロンコライダーの現状に関する合同セッションや、10年後の素粒子物理学に関する合同セッションなど、聞き応えのある企画がいくつも用意されていて、会場を行ったり来たり、と意外に忙しい。

さて、弘前といえば弘前城、ということで、到着早々、夕方だが靴をはきかえてランニング。
IMG_2737.jpg

ホテルからお城を一周して帰ってくると6キロ程。地方都市を訪問したときに走るというのは町の雰囲気や景色も違うので、普段のランニングよりも気持ちいい気がする。
こちらは早朝の弘前城。
IMG_2744.jpg

夜は夜で、学生達や久しぶりに会う他大学の友人たちと呑んだり食べたり、と賑やかに過ごした。こちらはご当地名物(?)しじみラーメン。学会のお昼休みに食べに行ったのだが、案の定、学会関係者でお店は大混雑。
IMG_2751.jpg

次の物理学会は3月に関西学院大学で開かれます。
[ 2011/09/25 13:30 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

イタリアンに行ってきた 

学会で家を空けている間、妻に負担をかけたので慰労会を兼ねて神楽坂のイタリアンに行ってきた。

神楽坂スタジオーネ
http://kagurasta.kaga-ya.com/

tp_m.jpg

神楽坂ということで、やはり入り組んだ路地に入ったビルの最上階。見晴らしのよい屋外テラスがおすすめ。(この写真はお店のHPから)

IMG_2756.jpg

たまたまイタリア人の店員さんがついて、料理の説明をしてくれた。昔、しばらくイタリア(ピサ)に住んでたんですよ、というと彼はフィレンツェ出身ということで片言の日本語で一生懸命お話ししてくれた。

IMG_2758.jpg

お店に行った時間が中途半端だったので、前菜にピザとパスタ、ドルチェにコーヒー(あとワイン)と軽めにしてみた。どれも満足度が高かった。今度時間のあるときにゆっくりディナーをしてみたい。

IMG_2759.jpg
[ 2011/09/24 09:10 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

フレンチに行ってきた 

大学では本業の他に広報推進室という委員会のメンバーになっている。かれこれ5年位委員を
務めているが、この度(もう先週のことだが…)初めて室長の音頭で委員の懇親会を開くことになった。

会場はてっきり居酒屋かと思いきや、さすが女性メンバーの多い委員会、神楽坂のフレンチになってしまった。

ル・コキヤージュ
http://www.le-coquillage.com/

神楽坂なんて行ったことのないので、iPhoneのGPSを使って大学から歩いて行ってみたが、小道が
入り組んでいて、しっかりと迷子になった。ちょっと奥まった路地の突き当りにあって、良い感じ。
IMG_2732.jpg

今回このお店を薦めてくれた委員の一人(女性)が本学着任前に某ロ◯アルというに務めていて、10年以上パリに駐在してそうだ。その彼女の保証付なだけにワインも料理も大満足。その割には料理の名前は忘れてしまった(^^;
IMG_2733.jpg

ちょうどこの日はワイン祭り開催中でグラスワインが一杯500円。お得感一杯の懇親会でした。ランチもどうぞ。
IMG_2734.jpg


[ 2011/09/24 08:40 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

MadGraph/MadAnalysis/Topdrawerでグラフを描く(2) 

前回の続き。

MadGraphをダウンロードしたのと同じページからMadAnalysis_V1.1.3.tar.gzをダウンロード。

ダウンロードしたファイルをMadGraphのディレクトリに移動して解凍

%mv MadAnalysis_V1.1.3.tar.gz MadGraph5_v1_34
%tar zxvf MadGraph5_v1_34


するとMadAnalysisというディレクトリができているはず。で、以下のようにコンパイル:

%cd MadAnalysis
%make


次はTopdrawer(グラフ描画ツール)のダウンロードとインストール。
こちらのページ
http://cp3wks05.fynu.ucl.ac.be/twiki/bin/view/Software/TopDrawer
にMac OS X用のバイナリへのリンクがあるので、ダウンロード(td_mac_intel.tar.gz)。

落としたファイルは、MadGraph5のディレクトリ下にディレクトリ(td/)を用意してそこに移動し、解凍:

%cd MadGraph5_v_1_3_14
%mkdir td
%mv td_mac_intel.tar.gz td/
%cd td
%tar zxvf td_mac_intel.tar.gz

解凍して出てきたファイルのうち、td_mac_intelの名前を変更
%mv td_mac_intel td

これで完了。後はMadGraphのディレクトリで
%./bin/mg5

としてプロセスを指定、イベントを走らせると予め用意された形式でプロットが生成される。
[ 2011/09/13 11:47 ] コンピュータ | TB(1) | CM(0)

MadGraph/MadAnalysis/Topdrawerでグラフを描く(1) 

まずはインストールから。
MadGraphは最近ver.5になった。MadGraphのウェブページでregistrationをすると最新版のダウンロードができる。

MadGraphのウェブページ
http://madgraph.hep.uiuc.edu/

photo01.png

ダウンロードしたファイル(MadGraph5_v1.3.14.tar.gz)を自分が作業したいディレクトリで解凍

% tar zxvf MadGraph5_v1.3.14.tar.gz [enter]

すると新しいディレクトリ(MadGraph5_v1_3_14)ができるので、そこへ移動。

% mv MadGraph5_v1.3.14

実行してみる:

%./bin/mg5 [enter]

この画面がでれば取りあえず起動は成功。
photo02.png

チュートリアルが用意されているので、やってみよう。

%mg5> tutorial [enter]

簡単な使い方を紹介してくれる。MadGraph5のインストールはここまで。

(続きはこちら)
[ 2011/09/13 11:10 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

サンフランシスコ小旅行(4) 

最終日。
土曜、日曜とケーブルカーが大混雑だったので、平日の今日こそ空いているだろうと期待して外にでると始発駅はガラガラ。やった!と思ったのもつかの間、道路工事のためケーブルカーはフィッシャーマンズ・ワーフとチャイナタウンの間しか動いていないとのこと。仕方が無いので、MUNI(路線バス)でフィッシャーマンズ・ワーフへ。今日はレンタバイクでサイクリング。
IMG_2634.jpg
曇り空、時折小雨がぱらつく中を出発。
IMG_2635.jpg
途中、坂道を登ったり、住宅街を通ったりするが、基本的に自転車専用道路を走るので、とても快適。しばらくするとゴールデンゲートブリッジが近づいてくる。
IMG_2643.jpg
更に近づいて真下まで。このあと急な坂(かなりキツイ)を登ってゴールデンゲートブリッジに乗る。
IMG_2651.jpg

乗った!このまま橋を渡って反対側のサウサリートへ。
IMG_2656.jpg
橋を渡るとこんなに晴天。
IMG_2664.jpg

熱海っぽいと言え無くもないが、相当高級そうな邸宅を横目にフェリー乗り場まで。
IMG_2663.jpg
天気もいいし気温も高いので、アイスクリームがうまかった。
IMG_2665.jpg

ここまで出発地点から約13キロ、3時間程のサイクリング。帰りはこのフェリーに乗ってサンフランシスコへ戻る。
IMG_2666.jpg
途中でアルカトラズ島の近くを通る。映画「ザ・ロック」の舞台であった、かつて刑務所だった島。今回、上陸ツアーに申し込もうとしたのだが、満員で願い叶わず。
IMG_2668.jpg
アルカトラズ島を過ぎるとサンフランシスコの街が見えてくる。
IMG_2674.jpg
約40分程のるとサンフランシスコの港に到着。戻ってみると、こちら側も快晴だった。
IMG_2676.jpg


フェリーを降りて自転車で海沿いを歩いている観光客を尻目にレンタバイク店まで戻る。
IMG_2677.jpg

一旦ユニオンスクエアに戻り、甥はショッピング。夕飯はサンフランシスコで最初にできたというタイ料理レストランへ。他にも何件かタイ料理店を見かけたが、いわばサンフランシスコにおける元祖タイ料理、という感じか。さすが元祖だけあって、満員。それにテークアウトを待つ人々も多かった。

夕食後、サンフランシスコ最後の夜ということで、ケーブルカーも空いていたからもう一度フィッシャーマンズ・ワーフへ。
IMG_2679.jpg

お土産屋さんをのぞきながら夜の港を散歩して、ユニオンスクエアに戻った。写真はウエスティンセント・フランシスホテル。最高級ホテルだが残念ながら私が泊まったのはここではない。
IMG_2680.jpg
とても駆け足の、あっという間の3泊5日の小旅行だった。事前に現地の情報を色々と教えてくれた在米のMさんに感謝。
[ 2011/09/01 21:35 ] 家族 | TB(0) | CM(1)

サンフランシスコ小旅行(3) 

(2日目の続き)
スタンフォード大を後にし、次はシリコン・バレーの有名企業を攻め落とすことに。
まずはFacebook。グーグルマップで見ると意外に近い。
“スタンフォート#12441;・ユニハ#12441;ーシティ, メンロー・ハ#12442;ーク, カリフォルニア, アメリカ合衆国 から Facebook Inc - Google マッフ#12442;”のフ#12442;レヒ#12441;ュー
地図に従っていくと大通りからドンドン住宅街のようなところに入っていくので心配になってきたところでFacebookの看板発見。会社名よりも住所の方が文字が大きいので気づくのが遅れ、通り過ぎてしまった。
IMG_3206.jpg
日本の企業とは違って、会社の敷地にゲートがなく、警備員もいないので会社の建物に入ってしまった。受付の女性に日本から来た観光客であることを伝えると、「こっちのドアから向こうには行かないでね、この中では自由に写真を撮っていいから」。ということで、落書き(たぶん有名人?)だらけのパネルを写真に収めた。
IMG_2612.jpg

最初の企業訪問(?)がうまく行って気を良くした我々は、次にGoogleへ。
“Facebook Inc から 1600 Amphitheatre Parkway, United States - Google マッフ#12442;”のフ#12442;レヒ#12441;ュー
一度高速の出口を間違えた気がして、高速を出口一つ戻ったところですぐにGoogleの看板発見。
IMG_2614.jpg
道路を挟んでいくつかのキャンパスにわかれているが、どれも魅力的な建物。キャンパスには観光客も自由に出入りできるが、建物はもちろんロックされている。
IMG_2615.jpg
旋状されたガラス戸から中を覗くとビリヤード台やら遊具がいろいろ。カフェテリアも美味しそう。キャンパスを散策しているとビーチバレーのコート発見。社員さん達(?)がビーチバレーに興じていた。日曜日なのに…
IMG_2616.jpg

Googleを後にして最後の訪問地、Appleへ。
“1600 Amphitheatre Parkway, United States から Apple Inc. - Google マッフ#12442;”のフ#12442;レヒ#12441;ュー

少し離れている感があるが、走ってみると意外に近い。迷わずに到着。ビジター用のサービスもあったのかも知れないが、この日は日曜日なので工事のオジサンしかおらず、キャンパスを少し車で回ってシリコン・バレー巡りは終了。
IMG_2620.jpg

帰りは来る時とは別ルートを選ぶ。まずは西側のハーフムーンベイまで移動し、
“スタンフォート#12441;大学 から ハーフムーンヘ#12441;イ, カリフォルニア - Google マッフ#12442;”のフ#12442;レヒ#12441;ュー
そこからルート1で海沿いを北上。
“ハーフムーンヘ#12441;イ, カリフォルニア から Union Square Park - Google マッフ#12442;”のフ#12442;レヒ#12441;ュー
日が暮れかけていて、雲も出てきたのであいにくとルート1のドライブはスカっとしたものにはならなかったが、それなりに哀愁もあって(?)楽しめた。サンフランシスコに戻って昨日見物したロンバードストリートを車で下り、金融街、ダウンタウンの坂道を上下しながらレンタカー返却。二日目の予定終了。
[ 2011/09/01 20:58 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

サンフランシスコ小旅行(2) 

時差ぼけも無く、気持よく起床。ホテルには食堂がついていないが、一階にコーヒーショップがあるのでチョコクロワッサンとコーヒーで軽い朝食。甥は一人で外へ出てスタバでベーグルを食べた後、物足りなくて別の店で見にハンバーガーを頼んだら、小さめのバーガーが4つも入っていた、と喜びながら(?)ホテルのロビーに戻ってきた。

2日目はレンタカーでドライブ。出発前にハーツレンタカーで予約しておいたので、ユニオンスクエア沿いのセント・フランシスホテル裏にあるハーツのオフィスまで車を取りに行く。アメリカで運転するのは10年以上ぶりだ。

最初の行き先はスタンフォード大学。昔訪問したときは、地図を見ながら運転していったものだが、今ではグーグルマップのおかげで簡単にルートがわかってしまう。
“Union Square Park から スタンフォート#12441;大学 - Google マッフ#12442;”のフ#12442;レヒ#12441;ュー
甥のナビでユニオンスクエアから約1時間、無事にスタンフォード大学到着。甥はキャンパスの広さと立派な建物に驚いていたようだ。キャンパスに入ると正面に見えるのは教会。
IMG_3198.jpg
中では礼拝中だったが、終わった後に見物させてもらえた。パイプオルガンも立派。
IMG_3205.jpg
教会正面から正門方向を見るとこんな感じ。我々以外にも見物客が多数訪れていた。
IMG_3200.jpg
学内のブックストア(兼売店)で大学ロゴ入りのパーカー(ここは暖かいが、サンフランシスコは晩秋並の寒さなのです)を購入後、散策していると20年前に訪れた際に泊まった学生寮を発見。外見はあの頃とまったく変わっていない。
IMG_3201.jpg
20年前は大学院生として、SLAC(スタンフォード線形加速器研究所)で行われた夏の学校に参加するためにこの地にやってきたのだった。この学生寮に他の(海外からの)参加者と一緒に泊まり、エアコンも無いこの建物で通じない英語に苦労しながら2週間を過ごしたのだ。思い出に浸りながらピザとトルティーヤチップスでランチ。次の目的地へ(続く)
[ 2011/09/01 20:39 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

サンフランシスコ小旅行(1) 

8月下旬にサンフランシスコへの3泊5日の小旅行を敢行した。大学生になった甥との二人旅。甥は初めての海外旅行だが、私自身は3度目のサンフランシスコ。実は2?年前に初めて訪れた海外の街がサンフランシスコだった。というわけで、ちょっとしたセンチメンタルジャーニー。

成田からサンフランシスコまでは約9時間のフライト…のはずが、何故か予定より1時間も早く到着してしまった。こちらとしては乗り換えもないので早く着いて嬉しいのだが、飛行機会社からはお詫びのクーポンが。

サンフランシスコ国際空港からホテルのあるパウエルst.まではBARTで移動。ホテルはBARTの駅から徒歩1分のところにあったが、あまりに近すぎて見つけられず、しばらくグルグル迷ってしまった。

ホテル到着が午前10時ころだったので、荷物を預けて観光に出ようかと思ったら、思いがけず部屋が空いていて、チェックインできてしまった。荷物を部屋に置き、さっそくケーブルカーでフィッシャーマンズ・ワーフへ向かうことにする。

しかし、この日は土曜日。ということで、ケーブルカーの始発駅(ホテル目の前)はすでに長蛇の列。3日間の乗り放題チケット(21ドル。ケーブルカーは片道6ドルなので、2往復するともとが取れる)を買おうとしても、こちらも行列。結局ケーブルカーに乗るまで1時間程かかった。
IMG_3189.jpg
パウエル・ハイド線でフィッシャーマンズ・ワーフに着くとお昼を過ぎていたので、甥がリサーチしていたカフェで名物クラムチャウダーをゲット。実は初めて食べたのだが、すこしひんやりした風の吹くフィッシャーマンズ・ワーフでは、暖かいシーフードのスープが心地よかった。
IMG_2591.jpg
お腹も膨れたので、海岸沿いを土産物屋を冷やかしながら散歩。ピア39では名物のトドの大群が。
IMG_2594.jpg
その後、カニ好きの甥のリクエストもあり、カニの丸茹にトライ。ここだけの話、旅先で興奮しているから美味しく感じるかも知れないが、実際は美味しくはない。日本で丁寧に調理されたカニの方が全然美味しい。
IMG_2595.jpg
夕方になって風も冷たく、強くなってきたのでホテルへ戻ることに。しかし、フィッシャーマンズ・ワーフのケーブルカー始発駅も長蛇の列。まったいる時間がもったいないので、少し歩いてロンバードストリートへ見物に。クネクネしたS字カーブが続く急な坂道を車が降りてくる。実は翌日、自分で車を運転してこの坂を下ってしまった。
IMG_3194.jpg

ユニオンスクエアまでケーブルカーで戻り、甥に付き合ってデパートとかショップを幾つか除いた後、あまりの空腹にデパートのフードコートで中華料理で腹を満たす。初日はここまで。
[ 2011/09/01 20:12 ] 家族 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。