スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

祝!LHCでのビーム衝突@7TeV 

つい先ほど、LHCで3.5TeVに加速した陽子ビーム同士の衝突が観測された模様です。素晴らしい!21世紀の素粒子物理のエネルギーフロンティアがいよいよ開拓されたのです。エキサイティングな数年間の幕開けです。

ピクチャ 1
スポンサーサイト
[ 2010/03/30 20:13 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

リクルート事件・江副浩正の真実 

リクルート事件・江副浩正の真実
江副浩正
中央公論新社
売り上げランキング: 12224

1988年から89年にかけてのリクルート事件は、私が大学生の頃の出来事だった。
本書ではリクルート事件を引き起こしたとされる当事者の言い分が書かれている。江副氏の言い分を鵜呑みにするつもりはないが、ずいぶんと強引に事件にされてしまったようだ。真相はわからないが。
[ 2010/03/29 20:55 ] | TB(0) | CM(0)

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ 

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
齊藤 正明
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 1764

企業勤めであったが研究開発の必要上、会社命令でマグロ漁船に乗り込み、40数日間を過ごすことになった著者が、その時に得た体験と、出会った漁師さんたちの人生観を紹介しています。漁師さんたちの一言一言は含蓄があり、「なるほど、その通り!」と思ってしまいます。

ビジネスパーソン向けの自己啓発本としての位置づけなのでしょう、私としては話の展開や表現にちょっぴり違和感を感じるところもあるのですが、総じて(特に若い方に)お勧めできる本と思います。
[ 2010/03/24 21:27 ] | TB(0) | CM(0)

卒業式 

大学の卒業式がありました。
今年はうちの研究室からは卒研生が3名、修士2年が4名、博士3年が3名、合計10名がめでたく卒業を迎えることになりました。本学に残る人、就職する人、海外へ留学する人、と進路は様々。早い人は卒業式後に研究室の机を片付けて、もう大学には来なくなってしまいます。寂しい気持ちもありますが、彼女たちを待つ明るい前途を信じて、送り出したいと思います。

夜には学部卒業生達が素敵なレストランで謝恩会を開いてくれました。

教員、学生双方からのメッセージの交換や歓談だけでなく、学生達が合唱や踊りのパフォーマンスなどの出し物も準備してくれ、例年になく盛り上がった謝恩会となりました。二次会もあっという間に時間がたち、終電間近にお先に失礼しました。

卒業生からは我々教員へのプレゼントとして、研究室のドアにつける表札をいただきました(というか、うちの物理学科は教員研究室に表札がないのです。私は紙に名前を書いてドアに貼り付けていました)。とても素敵なデザインで気に入りました。さっそくドアに貼り付けたいと思います。

卒業生の皆さん、どうもありがとう。
[ 2010/03/24 21:21 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

物理学会@岡山大学 

週末から週明けにかけて、岡山大学で開かれた日本物理学会に参加してきました。

学会前日に岡山入りしたのですが、夕方のニュースを見ると倉敷で「倉敷春宵いあかり」というイベントを開催中だとのこと。岡山から倉敷までは電車で約15分ほどなので、ぶらっと行ってみました。

倉敷駅からイベント会場の美観地区に入ると、街の明かりを暗めにして、写真のように道ばたに綺麗な照明(?)が並んで幻想的な雰囲気です。あちこちの路地をブラブラ歩き、1時間半ほどノンビリ過ごしました。


学会会場の岡山大学には初めて行ったのですが、広々として、綺麗なキャンパスでした。
IMG_0809.jpg

学会期間途中には、講演の設定されていない時間帯もあったので、名勝岡山城と後楽園にも行ってみました。
IMG_0764.jpg

日本三名園の一つ、後楽園です。あとの二つは金沢・兼六園、水戸・偕楽園です。兼六園には大学院生のころ、金沢大学で学会が開かれた際に訪れたので、残すは偕楽園のみです。
IMG_0802.jpg
[ 2010/03/24 20:10 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

外務省ハレンチ物語 

外務省ハレンチ物語
外務省ハレンチ物語
posted with amazlet at 10.03.19
佐藤優
徳間書店
売り上げランキング: 80811

時間があるのでもう一冊。

佐藤優氏の著書。うっかり図書館で借りてしまったが、読んでみると夕刊タブロイド紙のエロ小説みたい。佐藤氏の骨太な数々の良書を読んだことのある私としては意外。でも本当のところ、外務省の実態って、こんなもんなんですかねぇ。(もちろん極々一部でおきた不祥事だと信じたいが)
[ 2010/03/19 06:07 ] | TB(0) | CM(0)

ダブル・ジョーカー 

ダブル・ジョーカー
ダブル・ジョーカー
posted with amazlet at 10.03.19
柳 広司
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 21316

相変わらず時差ぼけで早く目が覚めるので前に読んだ本の紹介など。

以前に紹介した、ジョーカー・ゲームの続編。陸軍内部に作られた秘密諜報機関「D機関」に所属するメンバーの活躍を描く。渋すぎる。最後のエピソードは第二次大戦開戦前夜が舞台だが、真珠湾攻撃の一方で終わる。ということはこのシリーズもこれで終わりだろうか。
[ 2010/03/19 05:59 ] | TB(1) | CM(1)

アメリカ・アラバマ出張(3) 

アメリカ主張から戻りました。行きのフライトでは、シカゴでの乗り換えでひどい目に遭いましたが、帰路ではそんなトラブルもなく、スムースに乗り換えができました。

シカゴでおみやげを買うために免税品店に寄ったのですが、シカゴの夜景の写真をパッケージに使ったチョコを買おうとしたところ、レジのおばさんに「こっちの方がお得よ」と別のチョコを勧められました。彼女曰く、「こっち(シカゴの夜景)はオーストラリア産だけど、こちらはベルギー産。一番おいしいのはスイス産で二番目はベルギー産。それに比べてオーストラリア産はイマイチだから、値段も安いし量も多いからこっち(ベルギー産)にしなさい」と。とてもチャーミングなおばさんだったので、素直にアドバイスに従うことにしました。

そういえば今回の出張ではアメリカ入国審査の際にちょっと面白い出来事がありました。実は5年ほど前にアメリカを訪問する際、必要があって別途ビザを取得しました。有効期限は10年でした。そのビザを貼り付けたパスポートの有効期限は昨年切れてしまい、新しくパスポートを作ったのですが、今では私もアメリカへノービザで入れるので、入国の際に提出する書類も「ビザ無し」用をもらって提出しました。

両手の指紋のチェックをした後、係官が「あれ?あなたビザを持ってますね。古いパスポート見せて下さい」と。有効期限のあるビザを持っている人はそれが切れるまでそのビザで入国しなければならないそうです。幸い、念のためにと古いパスポートも持ってきていたので事なきを得ましたが、もし持ってきていなかったらどうなったのでしょう。ともかく、今後5年間(ビザが切れるまで)はアメリカへはパスポートを二つ(新旧)持って行かなくてはならないので、忘れないようにしなくてはなりません。
[ 2010/03/16 06:46 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

アメリカ・アラバマ出張(2) 

午前中、大学で少し用事を済ませた後、O田さんご夫妻と昼食へ。ちかくのショッピングモール内のフードコートに連れて行ってもらいました。
写真

ランチは中華料理。かなりなボリュームです。ホット・アンド・サワー・スープが美味でした。
写真 2

その後大学に戻り、雑用の合間(というか朝から天気が悪かったので雲の切れ間か)にキャンパス内を散策。

この塔で時報がなります。
写真 3

向かいは学長公邸(というのがあるんですねぇ、アメリカの大学は)。
写真 4

そして時計塔の裏側には図書館。立派です。やはり図書館は大学の顔ですね。
写真

最後に物理学科の建物を一枚。
写真 2

明朝のフライトが早い為、夕方には大学を離れて空港近くのホテルへ移動しました。O田さんがバージニア工科大学でセミナーをすることになり、なんとバージニアまで車で行くというのでホテルまで同乗させてもらいました。夕飯はホテル近くのベトナム料理屋さんでホーをいただきました。
写真 3

一昨日こちらについたと思ったらもう帰路につきます。あっという間のアラバマ訪問でした。明日のフライトは遅れずに日本へ戻れることを期待します。
[ 2010/03/14 12:28 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

アメリカ・アラバマ出張(1) 

アメリカのアラバマ州立大学を訪問しています。
当地のO田さんの研究室を訪ね、セミナー発表と研究上の議論を行うのが目的です。
今日の午後にセミナーを終え、予定していた仕事の半分が終わったことになります。

アラバマ州立大学の最寄り空港、バーミンガムまでは成田からシカゴで乗り換えて行きます。成田からシカゴまで約11時間半、シカゴで約4時間待って、バーミンガム行きの飛行機に乗り、現地時間の午後8時頃に到着予定でした・・・

が!

シカゴ空港で思わぬ足止めを食らいました。一つは機体の整備不良による遅れ。さらに搭乗後滑走路に進んだところで猛烈な雷雲が発生し、まもなく始まったもの凄い稲光と大雨のため、さらに30分から1時間くらい待たされました。

結局バーミンガム空港には予定を3時間以上遅れて11時頃に到着。O田さんが迎えに来てくれましたが、3時間も待たせてしまったことになります。申し訳ないことをしました。が、夜中の空港にお迎えが来てくれていると本当にありがく感じます。

空港から大学近所のホテルまでは意外に遠く、結局ホテルにチェックインしたのは12時を過ぎていました。自宅から24時間以上かかった長旅でした。

一夜明けて今日の午後にセミナー発表をしました。久しぶりに英語で長い時間発表をしたので途中で舌が回らなくなってしまいました。スタミナ切れでしょうか。もっと日頃から英語でのやりとりをする機会を作らないといけませんね。

こちらはセミナーを行った、物理学科の建物です。
写真

夕方、O田さんご夫妻とタイ料理レストランに食事に行きました。黒ビールとタイ風焼きそばをいただきました。具がたっぷりで大満足です。

写真

明日、もう少し研究上の議論を続けて、こちらの日曜早朝に日本に向けて飛行機に乗る予定です。
[ 2010/03/13 13:48 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。