スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【紹介】大学非常勤講師の憂鬱 不安定な仕組みの上に成立している大学 

職場で教務を担当している関係上、非常勤講師の方々に授業担当の依頼や時間割の編成などに携わっている。そういう現場にいるものとして、あいずちを打ちたくなるような記事発見。

大学非常勤講師の憂鬱 不安定な仕組みの上に成立している大学
スポンサーサイト
[ 2009/02/24 06:40 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

華氏 911 

華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2004-11-12)
売り上げランキング: 2208

ブッシュ前大統領時代、米国は911テロやイラク戦争におけるメディアの偏向した報道は知られているが、その逆方向へ偏向した映像作品。とはいうものの、真実の一端を明らかにしていると言う点で必見だと思う。それにしても前政権の8年間、つくづく米国は(トップにああいう人物を戴いているという意味で)気の毒であった。気の毒すぎて米国人の友人にこの話題を出すのもはばかられる。現政権で失地回復となるのだろうか。



[ 2009/02/24 05:27 ] DVD/VIDEO | TB(0) | CM(2)

クローバーフィールド 

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-09-05)
売り上げランキング: 1563

久々に「やっちまった」と言う感じ。
テレビのCMで、自由の女神の首が吹っ飛ばされる衝撃的な映像が印象に残っていて、ついレンタルしてしまった。週末の夜に眠い目をこすりながらみたが、衝撃のラストにびっくり(笑)。

オススメ(というか、道連れ)です(笑)。
[ 2009/02/24 05:07 ] DVD/VIDEO | TB(0) | CM(3)

東京ミッドタウン 

20090221150045
一回りして帰った。
[ 2009/02/21 15:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

新国立美術館 

20090221142740
に行ってきた。入館は無料で特別展示は有料。東京5美術大学の卒業展示会がやってたのでふらっと入ってみた。K橋みたいな作品がいっぱい。皆、なにを考えてあのような作品を創作しているのだろう。別世界を垣間見た気がした。(素粒子屋だって世間からみれば同じようなもんかもしれない)
[ 2009/02/21 14:27 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ウィーンの冬 

ウィーンの冬
ウィーンの冬
posted with amazlet at 09.02.20
春江 一也
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 234977

「プラハの春」ベルリンの秋に続く、春江氏の「中欧三部作」完結編。しかし前二作の続き、と思って読むとがっかりする。完全にスパイ小説化しており、前二作のように共産主義国家の暴挙を暴くようなものではなくなっている。独立した作品として読むと良いだろう。ストーリーは事実に基づいているようにも見えるが、当時の色々な噂話をつなげたものでもあり、やはり前二作のように「歴史上の大イベントに立ち会った当事者」としての迫力は感じられない。
[ 2009/02/20 06:50 ] | TB(0) | CM(1)

底抜け合衆国―アメリカが最もバカだった4年間/アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない  

底抜け合衆国―アメリカが最もバカだった4年間
町山 智浩
洋泉社
売り上げランキング: 69384


いずれも町山智浩氏の著書。著者のことはTBSラジオのポッドキャストで知った。
町山氏はアメリカに在住し、主に映画評論の記事を書いていたが、その一方で、現地に住んでいる人ならではのアメリカ社会の分析も行っている。この2冊は後者。政治、経済、文化、宗教等、多様な分野にわたってあまり知られていない(?)アメリカ社会の裏側(というか本当の姿)を明らかにしている。アメリカへの憧れを見事に打ち砕いてくれる2冊。

[ 2009/02/20 06:44 ] | TB(0) | CM(0)

ドイツから帰ってきた人たちの歓迎会 

10月から約半年間、ドイツの某大学へ留学していた二人が研究室に戻ってきたので、その歓迎会。
卒研発表会を終えて一息ついている4年生に幹事さんをやってもらった。
20090218013933

ドイツから密○入した(?)お土産のビール。
20090218013931


二人は写真をふんだんに使った報告資料を用意してくれ、半年間の留学生活を詳しく説明してくれた。10箇所以上も観光にいったらしく、「よく学び、よく遊べ」を実践した模様。
[ 2009/02/18 01:39 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

トム・ハンクス、CERN訪問  

ほう。

■トム・ハンクス、CERN訪問
http://lhcatlasj.exblog.jp/10346259/



KEK広報の森田です。

CERNは12日、映画「天使と悪魔」に出演する俳優トム・ハンクス、アイレト・ズラーと、監督ロン・ハワードらをCERNに招き、ソニーピクチャーズと共同で記者発表を行いました。

「天使と悪魔」は、世界的ベストセラーとなった「ダ・ビンチ・コード」の原作者ダン・ブラウンによるスリラー小説で、ダ・ビンチ・コードのラングドン教授が本作でも活躍します。

CERN のプレスリリースによると、「『天使と悪魔』がベストセラーであること、反物質の研究がいかに素晴らしいかを伝える機会をハリウッドが与えてくれること、これらが示しているのは、フィクションも、ノンフィクションも、どちらも我々を日常の世界から非日常の世界へ連れて行ってくれるということだ。両者の違いは、科学は常に現実の世界を扱うということ」と研究部長のセルジオ・ベルトリッチが述べたとのことです。

監督のロン・ハワードは「CERNとともに仕事をできたことは素晴らしい。ここにいる科学者たちはとても協力的で、科学について教えてくれたり、信じられないような素晴らしい場所に連れて行ってくれました。ここで行われている研究はファンタスティックだ」と述べたそうです。

映画「天使と悪魔」は5月15日に世界中で公開されるとのこと。
[ 2009/02/13 16:16 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

いただいたチョコ 

20090213160359
かわいいので食べる前にパチリ。
[ 2009/02/13 16:04 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ベルリンの秋 

ベルリンの秋〈上〉 (集英社文庫)
春江 一也
集英社
売り上げランキング: 85716

同じ著者の「プラハの春」続編。1970年代から1989年「ベルリンの壁」崩壊に至るまでの、ドイツとソ連を軸とした東欧共産主義国での出来事を主人公の体験という形で紹介している。ベルリンの壁崩壊辺りは自分もちょうど大学生だったこともあり、当時少なからず関心を持っていたし、多少の知識を持って理解したつもりでいた。しかし本書のように、現地において実際に生活をしたものの目線からみた「カーテン(いや、鉄格子とでも言おうか)の向こう」の日常はあまりにもおぞましく、夢も希望もない。生まれる場所を選ぶことはできない。だからこそ、日本に生まれたことを幸運に思う。
[ 2009/02/13 05:34 ] | TB(0) | CM(0)

初TX 

祭日の今日は、息子と二人でお出かけ。電車に乗って出かけるのが大好きな息子だが、つくばエクスプレスは初体験。近場で折り返して帰ってくるつもりが、終点のつくばまで行ってしまった。

駅を降りて、すぐそばの中央公園へ。息子は初めてだが、10年前に住んでいた私にとっては懐かしい風景。
20090211205948

同公園内にあるエキスポセンターへも行ってみた。ノーベル賞の小林先生がお出迎え:
20090211205950

エキスポセンターのレストランでお昼を食べて帰ってきました。息子には喜んでもらえたようで、良かったです。
[ 2009/02/11 20:59 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

餅つき大会 

20090208224140
無事終了。しかし風が強かった。
[ 2009/02/08 22:41 ] その他 | TB(0) | CM(0)

プラハの春 

プラハの春
プラハの春
posted with amazlet at 09.02.03
春江 一也
集英社
売り上げランキング: 148502


旅する物理屋こと、まーらいおん氏のブログで紹介されていた本。

いやぁー、まいった。今年一番の感動作。読み始めは、社会主義国(昔の話だ・・・)東ドイツの美女とチェコの日本大使館の若き外交官とのロマンスかなぁ、と思っていたが、読み進めるうちにチェコはプラハを舞台にしたラブロマンスのみならず、独自の自由な社会主義路線を歩もうとするチェコ国民、それを阻もうとするソ連を始めとする東欧社会主義国の元首達のいやぁーな様子、いわゆる「プラハの春」が蹂躙されていく様子などが史実に基づいて描かれている。そして悲しい結末。不覚にも度々緩む涙腺。

読み終わって、いや読んでいる途中から、ぜひプラハを訪問してみたく思った。まーらいおん氏に案内してもらおう。
[ 2009/02/03 23:21 ] | TB(0) | CM(2)

節分 

20090203221051
今年のお面は妻の手作り。もう鬼を見て泣くのは末娘だけになってしまった。
[ 2009/02/03 22:10 ] その他 | TB(0) | CM(0)

自動靴磨き機 

20090203185652
某地下鉄の駅で発見。さっそく試してみた。確かに小綺麗にはなったが満員電車で踏まれて、すぐに汚れた。
[ 2009/02/03 18:56 ] その他 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。