スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

退官記念講演 

もちろん私の、ではない。
同じ職場のS田先生がこの3月で定年退官されることを機に、最終講義と懇親会を行った。
同僚のみならず、S田先生の後輩に当たる他大学の先生方、本学での教え子さんたちが多く集い、和やかな雰囲気の中で最終講義は始まった。

当初は学生時代、院生時代、助手時代・・・と思い出話が続いており、今まで聞く機会の無かった話が多くて面白かった。ところがそのうち「最近の話」が始まり、しっかりと普通の「物理の講演」になってしまったので、卒業生の方々は面食らっていたことだろう。でもそれがまたS田先生のお人柄を忍ばせる。

講義終了後、場所を生協に移して懇親会。予想に反して(会費に反して?)料理は豪華。びっくり。
何はともあれ、S田先生、33年間のお勤め、お疲れ様でした。
20090128191243
スポンサーサイト
[ 2009/01/28 19:12 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

みんな、ダウン 

数日前からコホコホ咳こんでいた息子が土曜日の午後から完全にダウン。高熱がつらいらしく、「たすけてぇ~」とか細い声でうなっておりました。その夜は妻が添い寝したのですが、翌日になると妻も朝から「のどが痛い」。長女のお稽古事に付き添って夕方に帰ってきたら、妻、息子、次女が発熱。次女を除く二人は完璧ダウン。ピクリともしません。お気の毒に・・・ということで、夕飯は寄せ鍋を作って子供達に食べさせました。

この時期に私まで風邪を引くわけにはいかないので、家の中でも、布団の中でもマスクをしています。
[ 2009/01/26 07:14 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

つばなれ、つもどり 

今朝、通勤電車内で聞いていたポッドキャストで、ゲストの落語家さんが「つ離れ(つばなれ)、つ戻り」という言葉を紹介していた。

若手の落語家さんが落語を披露するとき、まだ売れていない時はお客さんが少ない。10人未満の時もあるらしい。

それが徐々に腕をあげ、お客さんが増えて10人を超えたとき、先輩が「おまえさん、つ離れしたねぇ」というそうだ。お客さんの数が九人までは「一つ、二つ、・・・九つ」というように「つ」がつくけれど、「十(とお)」からは「つ」がつかない。だから「つ離れ」。

今度は「つ戻り」。これは演芸場を埋めていたお客さんが一人減り、二人減り、・・・とうとう十人を切ってしまったときを言うのだそうだ。

面白かったのは、落語家さんは「つ戻り」になると俄然張り切って、数少ないお客さんをこれ以上帰らさないようにしよう、と必死で話芸を披露するらしい。

セミナーや学会での発表時、自分の順番になった途端に人々が続々と会場を出て行くとき(自分の出番が有名人の講演直後のときなどにありがち)、ついがっかりしてしまうが、落語家さんを見習って必死でプレゼンしましょう、ということか。
[ 2009/01/23 19:40 ] その他 | TB(0) | CM(0)

オバマ大統領就任 

オバマ米国第44代大統領の就任式が終わり、今パレードを行おうとしている。
初の黒人大統領であるオバマ氏登場に関連するお話はすでに語るに尽くされた感があるが、世界大恐慌の入り口にある現在としては、やはりオバマ大統領がどのような経済政策を立てて、実行していくかということに注目し、期待せざるを得ないだろう。

お正月に米国の株価が上昇、米ドルが他の通貨に対して上昇したのはオバマ大統領に対する期待感が多く反映されたもの、という解説を良く聞くし、一方で先週から今週にかけて株価は大幅下落、ドルも、円に対して下落(一般にドルのリスクが高まると、円が変われる傾向にある)しているのは、オバマ大統領を「試している」のだと思う。

就任パレードには35万人が集ったと言われ、米国は熱狂を伴った歓迎ムードにつつまれているようだが(このあたりの体感温度は私には性格にはわからない。米国居住者の方に聞いてみたい)、一方でこんな辛らつな見方もあるようだ。

欺瞞の宣誓:「変革」か、あるいは「終わりの始まり」か
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/

・前任者であるブッシュ、クリントンと同様、オバマ大統領もやはり特定の業界、ロビーストから多額の献金を受けていること、

・選挙で600億円も使ったばかりなのに、就任式の式典だけで40億円(60億円以上という試算もあるらしい)も「浪費」しようとしている、

・米国の失業率は7%を超えて、失業手当さえ支払えない「破綻した州」がでそうだというのに、

など、手厳しい。こういう冷静な見方も必要なのだろう。
[ 2009/01/21 05:57 ] その他 | TB(0) | CM(1)

佐々木かをりの手帳術 

佐々木かをりの手帳術
佐々木 かをり
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 7841

2児の母であり、2社の経営者であり、講演や政府委員会委員をつとめるなど、多忙を極める佐々木氏による手帳使用法や時間管理術を紹介した本。昨年本学に講演にいらした時にも時間管理術については少しお話を伺えたが、それをより詳しく知りたいと思い、手にとって見た。

長期の目標でも、一日の行動計画でも、それを時間まで含めて明確化し、日々の予定を達成することで満足感を得る(=ハッピーになる)、というのが考え方の核となっている。それを積み重ねることによって、単位時間当たりにこなせる仕事の量が増え、運がよければ質も向上する、これを成長すると呼ぶ。そうすると、時を経るにしたがって、これまでの仕事に加えて(もしくは代わって)新しい仕事を増やして、より多く活躍の場を得ることができるのだ、という風に理解した。

確かに、一日の行動を具体的に(時間まで含めて)手帳に書いてみると(佐々木氏は6分表と呼んでいる)、余計なことにつかっている時間がかなり多い。仕事以外のことに時間を使うのが悪い、と言うのではなく、その使い方を工夫することで(効率が悪ければ、思い切って休憩にしてしまうとか)、よりメリハリの利いた時間の使い方ができるのであろう。

研究活動など、予定を立てにくい感もあるが、それでも研究プロジェクトの立案という段階ならば、時間を切って(締め切りをたてて)その間に全力で考えきる、という姿勢(締め切りを過ぎてもよいし、締め切り後に修正・訂正があってもよいから)が大事なのだと思う。あ、科研費の書類作成などはその最たるものだった。

とても参考になった本でした。
[ 2009/01/21 05:44 ] | TB(0) | CM(0)

MacBook Air到着 

年末に注文したMacBook Airが到着。
20090114235228


早速箱を開けてみた。美しい。セットアップをして使い始めたいのだが、今執筆中の原稿が仕上がってから、ということにしよう。

今日は息子の誕生日。ケーキを買って乾杯。
[ 2009/01/14 23:52 ] その他 | TB(0) | CM(0)

福男 

ニュースを見ていたら、西宮神社の福男のことが紹介されていた。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090110/trd0901101243006-n1.htm
http://www.jiji.com/jc/p?id=20090110100119-7614115

一番福の方は子供達にサッカーを教える一方、この春から東京で消防士になるそうで、また二番福の方は現在、介護福祉士をされているそうだ。いま「朝ズバ」でも紹介されていたが、お二人とも非常に好青年。

実は映像を見ると一番福の人はゴール直前で転んでしまい、三番手くらいかな、と思ったのだが、神社の方のコメントは

「競争ではなく、神事なので・・・」

ということ。これに対して当の一番福男のコメントは

「夢中で走っていたので、自分が何番かはわからなかった」。

うーん、空気が読めている。二番手の方は

「一番を目指していたが、3人(福男は3人選ばれる)で福男なので、皆に福が来るように笑顔で喜びたい」

というような感じのコメントをしていた。素晴らしい。「チィーッス」とか「ヒョォー」とか変な雄叫びをあげるバカ者でなくって、嬉しかった。特に「荒れる成人式」のニュースを聞いた後だけに。

福男さん達、おめでとう。


[ 2009/01/12 08:14 ] その他 | TB(0) | CM(0)

小林陽太郎氏講演@「リーダーシップ論」連続講演会 

本学で開講している「リーダーシップ論」連続講演会の第一回として、富士ゼロックス・相談役最高顧問の小林陽太郎氏を迎えて開かれた講演会に参加してみた。

http://www.ocha.ac.jp/information/20081212.html

小林陽太郎氏(Wikipedia)

ポスターではこわそうなおじさんに見えたのだが、講演を聞いてみるとちょっとイメージ改善。ご自分が尊敬する二人の人物(XEROX創業者のジョセフ・ウィルソン氏、緒方貞子氏)を紹介しながらリーダーシップ論を展開していた。

会場の入りが心配されたが、学生や大学関係者のみならず、一般の方の参加も多く、質疑応答も絶えることがなかった。

この連続講演会、個人的にはヒットです。次回は資生堂の相談役の方がいらして2月に講演会が開かれます。
[ 2009/01/10 16:09 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

家族サービス 

昨年末は大掃除、年初は親戚への挨拶回りが続いたので子供達と遊ぶ時間が取れず、代休を利用して午後からTDLへ遊びに行ってきました。

正門前に建設中だったホテルはいつの間にか完成し、ぴっかぴかだった(泊まったわけではない、写真だけ)。

[ 2009/01/06 15:53 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

2HJ 

実は今日も、昨年末の休日出勤の代休だったりする。

年末に父からもらった、読み古した経済系週刊誌(日経ビジネス、東洋経済)をパラパラとめくってみたら、日経ビジネス12月15日号 「ひと劇場」のコーナーで、「2HJ(セカンド・ハーヴェスト・ジャパン)」という団体の特集記事が掲載されていた。

2HJはNPO法人で、飲食店等から出される不要な食料(うまく表現できないが、形が規格外だとか、賞味期限ギリギリで、店頭に並べることのできない食品とか)をもらい受け、ホームレスや養護施設等へ配る、という仕事をしている。

理事長さんは元米海軍の兵隊さんで、横須賀基地に勤務したり、上智大学に留学した経験もあるそうだ。大学卒業後に、日本でコンサルタント業務を送る傍ら、なんと山谷地区で路上生活を1年以上も送り、ホームレスの心境を理解するのに努めたのだという。(ちなみにこの間、会社の同僚は彼が路上生活を送っていることに気づかなかったらしい)

運営はすべて寄付でまかない、廃棄食料の定期的(これが大変そう)確保や配送用車両の確保等、相当な苦労もあったそうだが、現在も活動を続けている。

年末に職を失った人たちが日比谷公園にあつまり、それを支援するボランティアの方々の姿を見て、また2HJのようにまだまだ知られていない(マスコミで大きく紹介されていない、と言う意味)団体もあるのだと言うことを知り、正月早々心温まる思いでした。

■セカンドハーベスト ジャパン
http://www.2hj.org/index.php/jpn_home
[ 2009/01/06 11:44 ] その他 | TB(0) | CM(0)

お正月のメモ 

あっという間に三が日が過ぎ、お正月休みも終わってしまった。といっても私は昨年の休日出勤の代休を年始に当てているので、もうしばらくはゆったりモードだが。

今年は元旦から親戚との会食が続いたのだが、妻方の親族との会食にでてきたタラバガニが私の方を向いていたので、記念に一枚撮っておいた。
20090105132559
[ 2009/01/05 13:26 ] その他 | TB(0) | CM(0)

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙 

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 1530

就職活動中の主人公が、ひょんなことから出会った「手紙屋」と10通の手紙をやり取りする過程で、生きる意味、働く意味を学び、成長していくという作品。いわゆる自己啓発本の類に属すると思われる(手にした当初はそういう内容の本とは知らなかったのだが)。すっきりした、きれいな文体で好感が持てる。

いろいろと印象深い言葉が載っているが、一つだけ紹介します。
「転がる石に苔はつかない」
肝に銘じます。
[ 2009/01/04 21:03 ] | TB(0) | CM(0)

生物と無生物のあいだ 

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一
講談社
売り上げランキング: 166

昨年のベストセラー。分子生物学者である著者による啓蒙書。これまで目にした生物関係の本の中では最も面白かった。「生命とは何か?」という問いに対して分子生物学が明らかにしてきた(現状における)答えへと読者を誘うのであるが、単に事実を淡々と述べるだけでなく、歴史上のエピソード、著者のポスドク時代の個人的な体験とリンクさせて書かれているので、退屈しない。

分野は違っても、研究の方法論、研究遂行上、直面する倫理的問題など、大変勉強になる内容もあり、オススメ。
[ 2009/01/02 01:29 ] | TB(0) | CM(0)

謹賀新年 

明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって良い一年になることをお祈り申し上げます。

私はといえば、新年早々やってしまいました。
大晦日に家族で盛り上がって、つい飲みすぎ、二日酔いで痛い頭を抱えながらの新年となってしまいました。不覚です。まぁ、なってしまったのは仕方がないので、正月休み明けからは気をつけることにいたします。

さて、新年を迎えての今年の決意は「何事も具体的な計画を立てて進める。時間を有効に使う」ということです。なんか気づいてみれば、人生の3分の2位が過ぎてしまい(運がよければ、まだ半分位かも知れないけど)、これまでのようにテキトーに時を過ごすのがもったいない、という気がしてきました。

もう一つの決意は「○○を目指す」というものです。空欄の中身は、恥ずかしくてブログでは書けません。まぁ、やるからには全力でやろう、ということです。

ということで、本年もよろしくお願いいたします。
[ 2009/01/02 01:21 ] その他 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。