スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生 

さよなら、サイレント・ネイビー―地下鉄に乗った同級生
伊東 乾
集英社 (2006/11)
売り上げランキング: 34698

地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教のメンバー(事件の実行犯の一人)である豊田亨被告について記した本。著者は被告の東大物理学科時代の同級生で、現在は東大准教授をつとめる、なんと音楽(作曲、指揮)と脳科学の専門家。

事件とその後の推移については多くの実行犯と同世代であるため、比較的フォローしていたつもりだった。特に豊田被告は東大大学院で素粒子理論を専攻していたということもあり、関心が高かったのであるが、メディアを通じて伝えられるのは裁判中に常に寡黙で、何を考えているのかがわからない、といったもの。本書を通して被告の人となりや裁判態度について多少なりとも知ることができた気がする。

ちなみにサイレント・ネイビーとは海軍の伝統(?)で「黙して語らず」という風潮を指すことのようである。何か不祥事が起きても、当事者が「いさぎよく、黙って」身を引くことでその組織および周囲も「よし」とする風潮が日本には強い。2.26事件しかり、第二次大戦しかり。直接実行に携わった人々は処罰され、それに導いた人々はお咎めなし、ということの繰り返しが、オウム事件を生み、その裁判が「サイレントネイビー」から脱却する次元で行われなければ、第二、第三の事件を防ぐことはできないという著者の思いが込められているようだ。
スポンサーサイト
[ 2007/09/02 09:27 ] | TB(1) | CM(0)

何のために働くのか 

何のために働くのか
何のために働くのか
posted with amazlet on 07.09.02
北尾 吉孝
致知出版社 (2007/03)
売り上げランキング: 527

とても感銘を受けた。それなりの年になれば、いや、いずれの年齢においても「人生をどう生きるか」なんていうことをちゃんと考えておく必要があろう(もちろん、人前でペラペラしゃべる必要などないことは言うまでもない)。

この本はかつて野村證券で将来の社長候補と嘱望され、その後ソフトバンクに移ってその急成長を支えた北尾氏の人生観、仕事観がつづられている。名前だけは以前から知っていたが、ライブドア事件の際に初めてテレビで「ホリエモンはけしからん」と話しているのを聞いて、どういう考えに裏づけされた発言なのか、関心を持っていた。本書を読んである程度納得。金融業界の人の発言、振る舞いはある程度差っぴいて見る必要があると思っていたが、意外なほどに素朴な人生観だった。

図書館で借りたので速読したが、自腹で買ってもいいと思った本。
[ 2007/09/02 09:18 ] | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。