スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康問題 

月初めに受けた人間ドックの結果が届いた。

何かと気になるものなので、ドキドキしながら封を開けたところ、要精密検査が1箇所、その他に長い目で見ると非常にリスクが高いと思われる指摘が2箇所あった。しかもそのうちの一つは改善の余地はない、とのこと。むむむ…

ということで、これ以上悪化させないように気をつけるしかなさそうです。何ができるのかといえば生活改善。

1.ストレスがたまらないように
…これはこの商売、というか現代社会に生きている限り無理ですね。

2.食生活
…これは思い当たるフシあり。夜遅い時間に食事を取るのをやめよう。

3.運動
…はい、ちゃんとやります。仕事帰りに水泳でもしようか。

4.喫煙、飲酒
…タバコは吸わないけど、酒はよく飲む。どうも今回でやめなくてはならないようだ。残念。週に一度くらいはいいかな?

ということで、かなり元気を失った一日でした。

スポンサーサイト
[ 2007/08/27 17:38 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

盆踊り 

20070824202706
一日会議の後のリハビリか?
[ 2007/08/24 20:27 ] その他 | TB(0) | CM(0)

暑い一日 

当ブログでも何度も書いているが、月に一度の某学会誌編集会議@新橋。会議中は冷房がよく効いていたため、帰りは大学へ向かうのに東京駅まで歩こうと思っていた。

まずは新橋駅。
新橋


この辺りまで約7,8分。冷房で冷たくなった体はすでに十分暖まっている。調子に乗ってJRのガード沿いに銀座へ。数寄屋橋交差点
銀座

に到着するころにはすでに汗だく。東京駅までもう少しだが、ここであきらめて地下鉄へ。

大学についたころにはシャツが汗を十分に吸い込んで、エアコンの聞いた部屋ではずいぶん寒い思いをした。

その後、雑務と修士論文審査会、その後K畑さんと打ち合わせ。で、今日は少し早めに帰宅、といっても家に着いたら9時を回っていたが。
[ 2007/08/22 22:54 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

夏休みの宿題 

暑いですねぇ。

仕事から帰ったら、娘の夏休みの宿題(工作)でステンドグラス(みたいなやつ)を作っていました。

工作

[ 2007/08/21 14:17 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

暗黒物質の分布が変? 

これは不思議なことなのか?

2007/08/20-16:21 暗黒物質と銀河の分布、一致せず=奇妙な現象発見-米加チーム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007082000603
[ 2007/08/20 17:03 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

ロックギタリストと博士論文 

こんな記事が。
http://www.astroarts.co.jp/news/2007/07/31brian_may/index-j.shtml


「クイーン」のブライアン・メイ氏が天体物理学の博士号取得へ
【2007年7月31日 IAC Press Release】
英国のロックバンド「クイーン」のギタリストで作詞作曲家のブライアン・メイ氏(60歳)が、天体物理学の博士号を取得しようとしていることが明らかにされた。「ウィー・ウィル・ロック・ユー(We Will Rock You)」などの名曲を世に出したメイ氏は、8月に博士論文「黄道塵(こうどうじん)の中の視線速度(Radial Velocities in the Zodiacal Dust Cloud)」を発表する。
[ 2007/08/20 06:30 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

人は見た目が9割 

人は見た目が9割 (新潮新書)
竹内 一郎
新潮社 (2005/10)
売り上げランキング: 3096

著者は大学の先生を経て演出家・漫画家として活動中の竹内一郎氏。言葉によるコミュニケーションはすべての情報伝達の7%程しか担っていない、という心理学的な分析から、見た目や身振りなどの非言語コミュニケーションの大切さや、演出家としての立場からの「見た目」を作る方法などを説明している。

面白かったのは、ボッサードの法則。恋愛関係にある男女が結婚する確率は両者の距離に比例して高くなる、というものだそうだが、私に言わせれば万有引力の法則そのもののように見える。もう一つは男子トイレの法則だが、こちらは省略。

[ 2007/08/19 16:59 ] | TB(0) | CM(0)

バイアウト 

バイアウト~ハゲタカ2~上 (講談社BIZ)
真山 仁
講談社 (2006/04/21)
売り上げランキング: 30202


以前紹介した真山仁氏の「ハゲタカ」の続編。今回も楽しませてもらった。前回より相当スケールアップ。側近の不可解な死を乗り越え、米政府に太いパイプを持つアメリカのファンドとの買収合戦に挑む主人公。でも最後はまだ続編があることを示唆する終わり方。楽しみ。


[ 2007/08/19 08:36 ] | TB(0) | CM(0)

ちゃんと表示されるかな? 

映像リンクのテストです。なかなか笑えます。

[ 2007/08/18 10:28 ] その他 | TB(0) | CM(0)

夏休休暇:鬼怒川旅行 

ということで、3泊4日で鬼怒川へ旅行してきた。
が、鬼怒川自体では子供たちが遊べるようなところは見つからないので、車でドライブして日光霧降高原大笹牧場へ:
http://www.tochiraku.or.jp/oozasa/

広い原っぱにテントを貼って、子供たちをたっぷり遊ばせた。
oosasa01


特にアトラクションや乗り物があるわけではないのだが、こんな感じでスケールの大きい遊具がおいてあり、また敷地内に羊やポニーの放牧されているエリアもあって楽しめる。
oosasa2


他の日には鬼怒川・川治温泉観光協会主催の「鮎のつかみ取り」イベントに参加:
http://www.kinugawa-kawaji.com/event/2007/20070626_02.html

一人2匹まで、ということで子供3人にチャレンジさせたのだが案の定(?)怖がって誰も取れない。仕方がないので選手交代して私が一気に2匹×3人=6匹を捕まえ、親父の面目躍如。
ayu


その他にもプールとか何とかでたっぷり遊んだ有意義な休暇でした。
[ 2007/08/18 01:33 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

休暇明け 



ということで、午前中からたまっていたメールとかの処理に忙殺。

午後になって、2週間ほどアメリカに旅立っていたK畑さんが現れたので、懸案事項の議論をしたあと、昨日までの鬼怒川旅行のお土産の苺ロールをK畑さん、S本さんと食す。こういうときに限って学生さんたちは誰もおらず、買ってきたお土産の半分はそのまま冷蔵庫に。みなさん、来週食べてください。

[ 2007/08/18 01:24 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く 

ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く
リサ・ランドール 塩原 通緒
日本放送出版協会 (2007/06)
売り上げランキング: 42

昨年NHK-BSで紹介されていた物理学者リサ・ランドール氏の著書。番組中で本書はすでにアメリカで科学部門のベストセラーになっていると紹介されていたが、その翻訳版がやっと出版された。

内容は、量子力学、相対性理論という20世紀を代表する物理学についての紹介から始まる。一般向けに、数式を導入せずに説明を試みているということから、この部分は「たとえ話」のオンパレード。

その後、素粒子物理学の紹介を経てこの10年間に氏が取り組んできた余剰次元モデルについての解説。この辺りからは結構読み応えがある。一般読者がどの程度フォローできるかはわからないが。先ほどの番組ではアメリカの大学で授業の教科書に使われていると紹介されていたが、なるほど低学年の授業(非専門家向け)では使ってみると面白いかも知れない。
[ 2007/08/17 09:41 ] | TB(0) | CM(0)

半島を出よ 

半島を出よ 上 (1) (幻冬舎文庫 む 1-25)
村上 龍
幻冬舎 (2007/08)
売り上げランキング: 136

家族旅行に持って行き、子供たちが寝静まった後に読み進めた。
北朝鮮の反乱軍と証する特殊部隊が福岡を占拠する。日本政府は対応をしり込みし、また近隣諸国からの応援も得られず福岡を見捨てる。統治しているとはいえ、紳士的な態度に終始する特殊部隊に、疲弊した経済の回復を期待した、また政府に失望した福岡市民たちは恭順の意を示す・・・(以下略)

村上龍氏が運営するメールマガジンJMM
http://ryumurakami.jmm.co.jp/
で取り上げてきた、政治・経済・社会問題が随所にちりばめられており、読み続けてきたものとしては氏の問題意識が垣間見れて面白かった。


[ 2007/08/17 09:35 ] | TB(0) | CM(0)

東武動物公園のプールへ 

ご近所さんからいただいた招待券を使って東武動物公園のプールへ行ってきた。

流れるプールのそばにテントを広げて、いざプールへ。
プール

真夏日のせいか、水温は半身浴にちょうどいい位のぬるさ。でも子供たちは大喜び。

さんざん泳いだ後、毎週土曜日にやっているという、花火イリュージョンへ。
目の前でみたので、音楽とレーザー光線と、そして何より花火の爆音に圧倒された。写真を撮ってみたが、失敗:
花火1


こりずにもう一度
花火2

やっぱりだめだった。
[ 2007/08/11 23:36 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

海水浴そして・・・ 

もう数日経ってしまったが、火曜日に今年初の海水浴に。
目的地は大洗海水浴場

これまでは大洗サンビーチに行くことが多かったのだが、ここは砂浜が異様に広く、子供を見失ったら見つけられないと思ったので、こじんまりとしたこちらの海水浴場を選んだ。

自宅を10時過ぎに出て、お昼ころに到着。駐車場にもすぐに止められ、波打ち際にパラソルを立てる。だが砂浜がなく、ほとんど岩場。波打ち際も海の中もほとんど砂利で、裸足で入ると自然の健康サンダル状態。

それでも子供たちは喜んで海で泳いだり、岩場で貝を採ったり。

3時間程しかいなかったのだが、大満足。しかしたっぷり日焼けして3日程経った今も背中がヒリヒリする。

その後、今日までS川さんとの仕事をたっぷり進め、何とか今日までに土台となる計算をやり終えた。明日から数日夏休みをとって家族旅行に出るので、その前に片付けられてよかった。

世間ではサブプライムローン問題で、株式市場は暴落するは、外貨が暴落して円高になるわで、休みに入る前の投資環境としては一見最悪。だが、まぁ、やまない雨はないわけで、ある程度時間がたてば落ち着くと思うしかないでしょう。
[ 2007/08/11 00:11 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

プール 

日曜日。家族で午後から埼玉県のしらこばと水上公園へ。
http://www.parks.or.jp/koen_main/shirakobato-suijo.html

なぜ午後からか、というと、どうせ皆、朝から繰り出して来るのでプールが混むのは当然として、駐車場の確保に困るだろうと思ったから。案の定、公園の駐車場はおろか、付近の住民がアルバイトでやっている(であろう)臨時駐車場(プールからかなり離れている)も大混雑していた模様。我々は午後2時過ぎにプールに到着。プールの出入り口に最も近い駐車場を確保できた。

大人700円にしては、かなり広いプールで大満足。広すぎて、波のプールもあったことに気づかず。もっぱら子供用プールと流れるプールでユラユラ。

一つ難点は、「ガラが悪い」客が多いこと。刺青(タトゥーではない)をした若いアンちゃん、ネーちゃんがとても多かった。多分都内のプールや健康ランドでは入場を断られてしまうだろう(私が子供の頃は銭湯でも立派な刺青をしたおっちゃんをよく見かけたものだが)。しかし、それでも分別のある(?)その道の男女は、一応隠そうとしてTシャツを着て泳いでいたのが微笑ましかった。
[ 2007/08/06 11:03 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

カラ売り屋 

カラ売り屋
カラ売り屋
posted with amazlet on 07.08.06
黒木 亮
講談社 (2007/02/21)
売り上げランキング: 28314

私の好きな作家の一人である、黒木亮氏の短編集。全4編が収録されている。タイトルの「カラ売り屋」他、「再生屋」「エマージング屋」「村おこし屋」というタイトルの作品。要するにその道のプロが主人公となるお話ということ。いずれもその業界の内情が「少しだけ」垣間見えて、面白かった。気に入ったのは「エマージング屋」かな。


[ 2007/08/06 10:54 ] | TB(0) | CM(0)

時そばの客は理系だった 

時そばの客は理系だった―落語で学ぶ数学
柳谷 晃
幻冬舎 (2007/05)
売り上げランキング: 5953

古典落語の中に見え隠れする、数学的な発送(?)を紹介する本。落語自体は楽しく読めたが、その解説(数学との結びつき)は何となく無理があるような気がして、結局最後まで読み通すことはできなかった。
[ 2007/08/03 16:21 ] | TB(0) | CM(0)

運用失敗! 

といっても私の個人資産の運用ではない。(もっとも、先週からの急激な円高で大損こいてるけど・・・)

ハーバード大を始め、アメリカの大学はリスクマネーへの投資により資産運用(もちろん一部)していることは有名だが、それが失敗したとのニュース発見。



米ハーバード大、415億円失う=基金の積極運用が裏目に
8月2日15時1分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000087-jij-int

 【シリコンバレー1日時事】米名門私立大学ハーバードが先月、基金の一部運営を委託していた投資会社が損失を出し、3億5000万ドル(約415億円)を失ったことが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が1日報じた。
 投資委託先のヘッジファンド、ソーウッド・キャピタル・マネジメントが債券投資に大失敗し、同大にも巨額損失が発生した。同大は以前から高いリスクを伴うヘッジファンドなど代替投資に意欲的で、2006年6月まで10年間の運用利回りは年率15.2%を確保。しかし、今回はそうした積極運用が裏目に出た。 




いやー415億円だなんて、うちの大学なら6年位の運営費に相当するんじゃなかろうか。
[ 2007/08/03 12:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

人間ドック 

年に一度の人間ドック。今年は前厄ということで少々びびりながら検査に臨んだが、昨年とあまり変わらず、一安心。胃カメラの際に打たれた鎮静剤のせいか、大学に戻っても頭が働かない。さて、一日ぶりの晩酌を楽しむことにしよう。
[ 2007/08/02 20:56 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ハゲタカ 

ハゲタカ(上)
ハゲタカ(上)
posted with amazlet on 07.08.01
真山 仁
講談社 (2006/03/15)
売り上げランキング: 2007

ハゲタカ(下)
ハゲタカ(下)
posted with amazlet on 07.08.01
真山 仁
講談社 (2006/03/15)
売り上げランキング: 1633


数ヶ月前にNHKでドラマ放映をしていたそうで、それは見逃したのだが、なかなかの評判だったから図書館で借りてみた。ニューヨークでジャズピアニストを目指していた男がとあるきっかけで企業買収の投資ファンドのエースとなり、大手都市銀行をエリートコースを歩んでいた男は栃木県で倒産寸前だったスーパーマーケットの再建を担い、日光の老舗ホテルの経営者一族に生まれ、やはり破綻直前だったホテルを、父親を追放することで再建しようとする女、の3人を主人公にして話は展開。

この手の小説はよく読んだが、今回はヒール(悪役)であるはずの投資ファンドの男が、実は誠実で正義漢(もっとも、ビジネスのためにはキワドイこともするが)というのが、ちょっと変わっていて新鮮だった。
[ 2007/08/01 11:50 ] | TB(1) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。