スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桜満開 

20070331123153
お彼岸は過ぎてしまったが、お墓参りに。お寺の前の通りが見事な桜のトンネルに。結構車の往来があるので最高の撮影スポット(車道の真ん中)からは撮れず。
スポンサーサイト
[ 2007/03/31 12:31 ] その他 | TB(0) | CM(0)

教え上手になる! 

たまたま図書館で目にしたので借りてみた。企業で新人社員等の面倒を見ることになった先輩社員たちが読むような本。教え方というのはえてして経験に頼りがちなのだが、本書では教える方、教わる方それぞれの立場から色々な分析、分類が行われており、へぇー、という感じ。

教え上手になる!―教えと学びのワークブック
関根 雅泰
クロスメディアパブリッシング (2006/04)
売り上げランキング: 17931

[ 2007/03/29 02:14 ] | TB(0) | CM(0)

ヒルズ黙示録・最終章 

「ヒルズ黙示録」の続編。ライブドア事件や村上ファンド事件で当事者が逮捕された後、現在まで公判で明らかにされたことやその裏事情などを抉っている。しかし何故か本書に記されていることは既に知っていた。テレビで見たんだっけ、それともどっかのブログに書かれていたんだっけ・・・

ヒルズ黙示録・最終章
大鹿 靖明
朝日新聞社 (2006/11)
売り上げランキング: 10257

[ 2007/03/29 02:10 ] | TB(0) | CM(0)

藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門 

昨年、よく売れていた本。藤巻氏の著書は数年前に何冊か読んでいたので、本書でいう資産運用の考え方などは特に新しくインスパイアされるものはなかった。品川女子学院で女子高生対象にシリーズで開いた資産運用の講義録が基本になっている。

藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
藤巻 健史
光文社 (2006/03/24)
売り上げランキング: 38967

[ 2007/03/29 02:08 ] | TB(0) | CM(0)

ナショナリズムという迷宮 

昨日まで物理学会が首○大学であったので、その往復の電車(片道1時間半から2時間弱かかる)の中で大量に読書ができた。まずはこの本。例の外務省のラスプーチンと魚住昭氏との対談をまとめたもの。しかし生半可な対談ではない。二人とも知性と教養をバシバシ発揮したやり取りが繰り広げられている。印象に残ったのは、小泉政権には「やさしさ」がないからファシズムにはなれなかった、という点。するどい。

ナショナリズムという迷宮―ラスプーチンかく語りき
佐藤 優 魚住 昭
朝日新聞社 (2006/12)
売り上げランキング: 47461

[ 2007/03/29 02:05 ] | TB(0) | CM(0)

Computational tools for HEP 

今まで重宝していたオンラインのブックマークサービスがクローズされてしまうそうなので、徐々にこちらへ移しておくことにする。

■Bob McElrathのページ
http://mcelrath.org/Notes/Software
色んな高エネルギー物理の計算パッケージへのリンクが張られている。

■SuSpect
http://www.lpta.univ-montp2.fr/users/kneur/Suspect/
GUT等の境界条件の下でRGEを解いて低エネルギーでのSUSY mass spectrumを計算するツール

■ZFITTER
http://www-zeuthen.desy.de/theory/research/zfitter/index.html
標準模型における、ee->Z->ffの高次計算をしてくれるツール

■NMHDECAY
http://www.th.u-psud.fr/NMHDECAY/nmhdecay.html
NMSSMでの色々な散乱過程を計算するツール。

■FF
http://www.xs4all.nl/~gjvo/FF.html
1-loopの積分を数値的に行うFORTRAN code。
[ 2007/03/28 23:15 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)

卒業式 

私の記憶では、本学に着任以来、卒業式当日がこんなに快晴なのは
初めてではないだろうか。学部卒業の方も、大学院修了の方も、綺麗な
着物でドレスアップ。みなさん、おめでとうございました。
kiindo


夜は謝恩会に招待していただいた。今回の会場はこちら。
domehotel


皆で談笑しているとあっという間にお開きの時間に。学生さんたちに
送り出された後、帰りに教員たちで後○園駅近所のスター○ックスへ。
私は通算二度目のスタバ。もちろんキャラメルマキァートのアイス。
店内の席が空いてなくて外のテーブルで飲んだのだが、途中冷たい風が
吹いてきてちょっと後悔。
staba

[ 2007/03/27 06:52 ] お仕事 | TB(0) | CM(0)

スイカ定期券に交換してみた 

20070321144413
今週からJRと地下鉄などのカード乗車券が共通になりましたね。ということで私もこれまでの定期券をスイカに変更しました。早くしたかったのですがいつもみどりの窓口は長蛇の列だったのであきらめてました。今日もそうだったのだが、たまたま自動定期券売機で変更できるて知り、行列を尻目にものの3分程で完了。改札をタッチアンドゴーで通れるので快適。
[ 2007/03/21 14:44 ] その他 | TB(0) | CM(1)

獄中記 

獄中記
獄中記
posted with amazlet on 07.03.15
佐藤 優
岩波書店 (2006/12)
売り上げランキング: 7262

「外務省のラスプーチン」こと佐藤優氏の著書。氏が拘置所で過ごした500日余の日々に綴った日記を抜粋したもの。拘置所の独居房での時間の殆どを哲学、神学、語学の学習にあてたのだそうだ。その学習ノートに加えていわゆるムネオ事件の分析や、外務省を始めとする知人にあてた手紙など、興味深いことが綴られている。
[ 2007/03/15 17:42 ] | TB(0) | CM(0)

桜咲く 

研究室に滞在中の英国紳士、Sョックさんがそろそろ離日するということで、何か見たいものはないか、と聞いたら「桜が見たいが、時期が早くてまだ咲かないようだ」とのこと。

ところが実は外○省の建物内にある桜が開花しているという情報を某証券会社社長から入手し、SョックさんとK畑さん、M崎さんの4人でお散歩がてら霞ヶ関まで出かけていった。
sakura


もちろん満開とは行かないが、なかなか乙なもの。
その後、立ち寄った日比谷公園の噴水前で虹を目撃
hibiya


徒歩で霞ヶ関→日比谷→銀座→東京と移動。東京駅から地下鉄に乗る前に、丸ビルのスターバックスで一服。実は私にとってこれが初スタバ。普段、海外出張に利用しているユナイテッド航空では機内サービスのコーヒーがスターバックスなので、実は初めてのような気がしない。キャラメルマッキァートというのを飲んでみたが、おいしかった。

実は以上は昨日の話。
今日は朝から新橋で○理学会誌編集会議に参加。昼過ぎに終わって大学に戻ろうと地下鉄○ノ内線の駅まで歩いたら、結局新橋→日比谷→銀座、と昨日のお花見と全く同じコースを歩いてしまった。
[ 2007/03/15 17:37 ] その他 | TB(0) | CM(0)

下流喰い 

下流喰い―消費者金融の実態
須田 慎一郎
筑摩書房 (2006/09)
売り上げランキング: 8760


読んでいて元気がなくなる本。とはいえ、深刻な社会問題である、多重債務者とそれを生み出す元凶の一つである消費者金融について真正面から切り込んでいる。テレビで流れる、かわいいお姉ちゃんのでるCMや駅前で配られるティッシュに惑わされて、「普通の会社」っぽく思われがちな○イフルや武○士などの大手消費者金融会社が、「街金」や「ヤミ金」と何ら変わるところのない体質であることがよくわかった。
[ 2007/03/10 20:56 ] | TB(0) | CM(2)

格差社会 

格差社会―何が問題なのか
橘木 俊詔
岩波書店 (2006/09)
売り上げランキング: 1741

去年話題になった本(ですよね?)。
格差社会という問題については、すでに散々色々な本や記事、マスメディアなどで取り上げられ、目にしたり耳にしたりする機会が多かったため、本書を読んでも新たに何かを感じた、ということはなかった。
[ 2007/03/10 20:52 ] | TB(0) | CM(0)

天使と悪魔 

天使と悪魔(上)
天使と悪魔(上)
posted with amazlet on 07.03.10
ダン ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2003/10/31)
売り上げランキング: 99856

天使と悪魔(下)
天使と悪魔(下)
posted with amazlet on 07.03.10
ダン ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2003/10/31)
売り上げランキング: 97182

遅ればせながらやっと読みました。例のCERNで反物質研究に取り組んでいた科学者が悲惨な殺され方をして…というお話。で、読んでみた感想は「何じゃこりゃ?」。

確かにスピード感はあるし、キリスト教、バチカンに関する薀蓄もかなりのもの。しかし最後にあれはないでしょう。下巻のラスト50ページ位で話の落とし方にすっかり参ってしまった。まぁ、救いは昔イタリアに住んでいたときに遊びに行ったこともある、ローマ市内の様子を目に浮かべながら読み進められたことだろうか。

[ 2007/03/10 20:49 ] | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。