スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画のあらすじ紹介のあらすじ紹介:42 

私は通勤時によくラジオのポッドキャストを聞いています。

今朝聞いたのは映画評論家の町山智浩さんによる映画紹介プログラム(TBSラジオ「たまむすび」内)で、「近代」メジャーリーグ初の黒人選手、ジャッキー・ロビンソンの伝記映画「42」という作品が紹介されていました。満員電車でこれを聞きながら不覚にも少し涙腺が緩んでしまいました。

この記事の最後に番組(放送試聴)へのリンクを貼っておきますが、あらすじは以下のとおりです。(私はこの映画を見ていないので、映画というよりも、町山さんの解説のあらすじ、です。)

第二次大戦後、ニグロ・リーグで活躍していた彼を当時のドジャース会長がメジャーにスカウトします。

入団後のジャッキーはチームメイトからも、敵チームからも、観客からも、審判からも敵対視され、相手ピッチャーからは頭を狙ったビーンボール(当時はヘルメット着用ではなく、デッドボールで亡くなる選手もいたそうです)を連発、ベースランニングの際は敵チームのスパイクで足を傷つけられ、審判は不当判定ばかり。ついにはジャッキーが盗塁に成功した際に銃を構えた保安官が乱入し「黒人は気に入らないから逮捕する」といわれる始末。しかしジャッキーは一切抗議しないのはおろか、感情的な言動を取りません。これには理由がありました。

入団に伴って会長がジャッキーに求めたのは黒人差別がまかり通っている当時の状況の中、「どんな仕打ちを受けても絶対にキレない、堪えること」でした。それまでのジャッキーは黒人差別に対してハッキリと、激しく抗議をする人だったので、会長のこの要請に反抗します。

「何故だ!大人しくしていたら、いつまでも差別がなくならないじゃないか。やられたらやり返すガッツを持たなきゃ」

これに対して会長は

「(黒人差別が禁じられていない)この状況のもと、近代メジャーリーグ最初の黒人選手である君への風当たりはかなり強いだろう。

しかし、差別に対してブチ切れて暴れまくる事で君がメジャーリーグを追われる、という結末を迎えると、君に続く黒人野球選手達の活躍の場が永遠に失われてしまう。

君はこれまで誰も挑むことのできなかった戦いに挑み、そして勝利しなくてはならない(黒人選手としての地位を確立する、ということでしょう)。そのために君が持つべきガッツは、差別に対してやり返さないガッツだ」

この会長の言葉を受け入れたジャッキーは差別的な仕打ちにも声を荒げる事無く耐え、淡々と試合で結果を残していき、まずはチームメイトの信頼を獲得します。いずれ、敵チームや観客の差別的な言動に対してジャッキーではなく味方チームの白人選手が抗議しはじめ、徐々にその輪が広がっていく…

というお話だそうです。町山さん曰く、実は作品中では一度だけジャッキーがブチ切れて、ベンチ裏で暴れまくるシーンが出てきますが、そこだけは事実とは違い、実際のジャッキーは一度も暴れたことはないそうです。そのシーンは映画監督の判断でフィクションとして入れたのですが、その理由は「こういうシーンを入れないとひどい差別の連続に見ている方が参ってしまうから」とのことです。

映画で扱っているのはアメリカ社会における黒人差別問題ですが、残念ながら今でもあらゆるところで、あらゆる形で差別問題は大なり小なり存在します。もちろん私自身も差別する方、される方、いつなってもおかしくないし、すでになっているかも知れません。

差別される側の人が、それを改善・解消するための戦い方の一つの形を教えてくれる映画なのかな、と解説を聞いて思いました。

関心をお持ちの方は私の拙いあらすじ紹介よりも、番組を聴かれるとよいと思います。
以下のリンクから聴けます。一週間で音声ファイルは削除されてしまうそうなので、お早めに(放送は23日でした)。
http://podcast.tbsradio.jp/tama954/files/20130423_machi.mp3
スポンサーサイト
[ 2013/04/25 08:52 ] その他 | TB(0) | CM(0)

iPhoneアプリからの投稿テスト 

iOS4.0になってから起動さえしなくなったfc2アプリがやっとアップデートしたようだ。
[ 2010/07/22 13:10 ] その他 | TB(0) | CM(0)

0609 

今日は午前から学科の会議。昼食を挟んで教室会議→系会議→専攻会議→教授会。この時点で4時半。その後、今日は特別に学長が理学部教授会にお越しになり、懇談会。学長は文系(哲学)にも関わらず、本学理学部の知名度(受験生向け)を向上させようとしていて、ヒントを得るために理学部教授会メンバーとの懇談会を企画したとのこと。私の着任後、学長4人目だが、これだけ明確に理学部についての考えを表明した人はいなかった。その思いになんとか応えたいものだ。

会議中にノートPCを持ち込んで、院生に任せっぱなしの数値計算をやってみる。プログラムも動くし、グラフも描けるのだが、計算結果の妥当性を検討しなくてはならない。
[ 2010/06/09 20:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)

皇居ランニング4度目 

週末の金曜日。午前の講義を終え、午後にいくつか論文を読んで夕方からスカイプでまーらいおん先生@プラハと打ち合わせ。終わってそそくさと週末恒例の皇居ランニングへ向かいました。朝の天気予報では18時以降に降水確率が上がるということだったので、ちょっと急いで着替え、ランニングのペースも心なしか先週よりも早かった気がします。

幸いなことに皇居を一周するまで雨は降らず(それどころか一晩降らなかった!)、かつ先週まではランニング後半に痛み出した右膝もすこぶる快調だったので、気分良く整理体操→銭湯→帰宅、とあいなりました。家について、一汗かいて飲むビールはやはり格別です。

この数週間、ランニングネタばかりでしたが、走ることにも慣れてきた(非日常的なことではなくなった)ので、そろそろ別なことも書きたいと思います。

写真
[ 2010/06/07 19:02 ] その他 | TB(0) | CM(0)

皇居ランニング3度目 

今日は午前中に授業でテスト、夕方にはまーらいおん氏と申請しようとしているグラントの打ち合わせをスカイプで行いました。打ち合わせが終わったのが17時半頃だったので、週末恒例の皇居ランニングに出かけました。着替えは先週同様、稲荷湯さんで行いました。

もう3度目のランニングなので、ペースもだいぶつかめるようになりました。やはり週に一度とはいえ、仕事を忘れて(ほんとは走りながら考え事をしていたけど)、たっぷり汗をかくのは肉体的にも精神的にも気持ちがよいです。

皇居を一周して出発地点の竹橋に戻ると毎日新聞社の建物が。
写真

ランニング終了後は稲荷湯で一風呂浴びて、道路に連なる焼鳥屋さんの誘惑に負けずに帰路につきました。
[ 2010/05/28 23:59 ] その他 | TB(0) | CM(0)

皇居ランニング2度目 

金曜日の夕方、先週に引き続いて二度目の皇居ランニングを行いました。
ほぼ徹夜明けだったので、ランニングを控えようかとお思いましたが、週に一度くらいは体を動かすことに決めたので、決行です。5時過ぎにオフィスを出て大手町に向かい、皇居ランナー御用達の「稲荷湯」さんへ。

走り始めたのが6時15分くらい。一周してクールダウンをするころには暗くなりかけていました。
写真

稲荷湯に戻ると、玄関はランナーの運動靴と下駄箱に入りきらない靴であふれかえっていました。更衣室もこれから走ろうとする人で大混雑。しかしお風呂はまだガラガラで、私を入れて3人しかいませんでした。きっとあと30分もすればこちらも夏の江ノ島海水浴場状態になるのではないでしょうか。

先週のランニングの際は、ランナーズステーション神保町という施設(シャワー付き)を利用したのですが、やはり運動後に大きな湯船で足を伸ばせるのは快適です。帰り道には一杯飲み屋もたくさんあるし(今回は立ち寄っていませんが)、どうやら稲荷湯に軍配が上がりそうです。
[ 2010/05/22 16:02 ] その他 | TB(0) | CM(0)

皇居ランニング初挑戦 

予てから計画していた、皇居一周ランニングを決行しました。
事前に調べたところ、皇居周辺には何カ所か着替えやシャワーのための施設があるようです:
皇居ランニングに便利なシャワー施設・銭湯を比較する
http://jogging.setaco.jp/e85630.html

ここで紹介されていた施設の中で、オフィスから比較的行きやすい「ランナーズ・ステーション神保町」を利用することにしました。同施設についてはこちらを参照。遅い時間にいくと混雑するとのことで、オフィスを出て駅までの道のりや乗り換えも早歩きで神保町に向かいました。

スタートは竹橋付近です。スタート直後から上り坂でいきなりしんどいのですが、半蔵門から桜田門あたりまではこういう景色の中ずっと下りが続きます。皇居の向かいには最高裁判所や国会議事堂も見えてきます。
写真(2)

桜田門から内堀通りに入る頃にはこのようなオフィスビルがどーんと見えてきます。ここまでくればゴールは間近。
写真
ということで、5キロほどあると言われている皇居一周ランニングは無事に終了しました。

実は「無事」ではなく、ランニング後半から徐々に膝が痛くなり、帰路について自宅に戻った頃には24時間テレビのマラソンランナーのように足を引きずっていました(笑)。幸い、一夜明けた今は膝の痛みはほぼ取れて、太ももの筋肉痛だけになっていますので、数日おいてまた走ってみたいと思います。
[ 2010/05/15 07:09 ] その他 | TB(0) | CM(0)

会食@秋葉原 

土曜日に、学部時代以来の友人が仕事で上京するとの報を聞き、夕方に会食しました。
数年前に学会で某地方都市(彼の地元)にいった際にずいぶんとお世話になったので、ささやかなお返しです。

先方の希望もあり、秋葉原で会うことにしました。窓の下には(移ってないけど)オープンしたばかりのガンダムカフェが大盛況で、行列ができていました。
写真

友人は大学院で電子工学を修め、その後しばらく某大学で講師も務めていたのですが、家庭の事情で現在は私とは畑違いの仕事をしています。ということで、互いの近況報告のあとは、もっぱら彼の仕事の話を聞かせてもらいました。初耳の話ばかりで大変楽しく、料理もお酒もどんどん進みました。
写真 2

写真 4 写真 3

ほろ酔い気分で店を後にし、友人は帰郷するために東京駅へ、私は秋葉原を徘徊しながら自宅へと向かいました。
[ 2010/04/26 19:09 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ブログかツイッターか 

最近はすっかりTwitterで「つぶやく」ことが多く、ブログをアップするペースが落ちてしまいました。

今日は、以前投稿した論文に対するレフェリーのコメントが戻ってきました。残念ながら「掲載可」とはなりませんでしたが、色々と大事な指摘をいただき、勉強になりました。

明日からは、久しぶりにヨーロッパ(ドイツ、チェコ)に出張です。いずれも始めていく国なので、少々緊張気味。しかも先ほど連絡があり、到着翌日の朝8時から先方との会議(当初の予定は9時)となりました。空港から電車を乗り継いで無事にホテルまでたどり着けるか、翌朝に寝坊せずに起きられるか、が当面の最大の心配事です。

あ、そういえばこのところユーロがドルに対しても円に対してもぐんぐんと根を下げています。先ほど見たら1ユーロ125円台でした。出張を控えた私にとっては朗報です。明日は空港で幾らで両替ができるのでしょうか。
[ 2010/01/28 00:12 ] その他 | TB(0) | CM(1)

渋谷、新年会そしてトニーつかさ 

毎年恒例のS本先生宅での新年会。

昨日、Macbookを買ったと連絡をくれたM崎さんに触発されたわけではないが、S本先生宅へ向かう途中、なぜかアップルストアに行ってみたくなり、渋谷で電車を降りた。愛機iPhoneのマップでは、「渋谷駅をおりてマクドナルドのある角を曲がればすぐ」という風に表示されている。これは簡単と思って渋谷駅を出た途端、あちこちにマクドナルドがあることに気がついた。一体どのマクドナルドの角を曲がればええねん!と文句を言いながらも、何とかたどり着いた。
写真

アップルストアを出てS本先生宅に到着するとすでに沢山の客人が来ており、S本先生の奥様お手製の料理や、参加者各自が持ち寄った料理でテーブルが彩られていた。
写真 2
しばしの歓談の後、これも恒例のS本先生を始めとする楽器演奏に覚えのある方々によるミニ演奏会。今年はその後にO村先生のご要望により、男声4重唱があらたにプログラムに加わった。一名風邪によりお休みされた方がいたので、その代わりとして私も唄わされる羽目に。

何とか4重唱を終えると次はK橋さんによるヘビメタの独唱会。I井さんのピアノに続いて皆でちらほらピアノをいたずらしていたが、最後にS本先生ご子息によるピアノ演奏+M尾さんのフルート、という充実した演奏会であった。息子さんが弾いていたピアノの曲が分からず、周りの学生に聞くと「トニーつかさです」と。???と思ったがよく聞くと「鬼束ちひろ」といっていたらしい。

ということで、お昼から夜遅くまで楽しいパーティーでした。ホストのS本先生とご家族の方々に感謝。
[ 2010/01/11 00:15 ] その他 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。